大学、銀座、ハワイ(から東へ)【上原謙、小桜葉子】


096ldqrvftzcrg

次の加山雄三主演の
映画『若大将』シリーズを
公開された順に選びなさい
『大学の若大将』
『銀座の若大将』
『ハワイの若大将』
『アルプスの若大将』
『南太平洋の若大将』
『リオの若大将』
『ニュージーランドの若大将』
『帰ってきた若大将』
47%

374aQCdqHrIEm
「若大将」でおなじみの加山雄三
の父親にあたる俳優は上原謙
ですが、母親にあたる女優は?
フルネームで答えなさい
こざくらようこ(答)
「小桜葉子」
引用元:「ピチカート・ファイヴ」野宮真貴・小西康陽「フリッパーズ・ギター」小沢健二・小山田圭吾「L⇔R」木下裕晴・嶺川貴子 「三原さと志」小山田圭吾の父「和田弘とマヒナスターズ」のボーカル 「嶺川貴子」小山田圭吾の元妻のミュージシャン「小桜葉子」加山雄三の母 http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/13326/

若大将シリーズ(わかだいしょうシリーズ)は、東宝が1961年から1971年まで製作した全17作から構成される加山雄三主演の喜劇映画のシリーズ名である。
社長シリーズ、駅前シリーズ、クレージー映画と共に、1960年代の東宝の屋台骨を支えた。

>田沼雄一(加山雄三)
初代若大将こと田沼雄一は明治時代から続く老舗のすき焼き屋「田能久」(たのきゅう)の息子で、大学の運動部(競技は作品によって異なる)のエースである。この役名は「田能久」の屋号をヒントに田沼姓が浮かび、これに加山雄三の「雄」をとって命名された。
大食漢で頼まれたらイヤとはいえない気のいい性格である。母親は早世し父・久太郎、妹・照子、祖母・りきと暮らしている。
好物は肉まんである。
劇中、水泳、ボクシング、マラソン、スキー、柔道、駅伝など当時の人気スポーツのほか、ヨット、サッカー、アメリカンフットボール、フェンシングなど当時マイナーだったスポーツにも挑戦している。
当時大人気だった野球が演じられていないのは加山自身が野球音痴だったからだとも、当時ライバル企業の東映・大映が球団を持っていた(フライヤーズとオリオンズ。のちの日本ハムとロッテ)ことで藤本真澄プロデューサーが野球をテーマにすることに消極的だったからだとも言われている。

>石山新次郎(田中邦衛)
青大将こと石山新次郎は若大将の同級生であり、シリーズ全般におけるコミックリリーフ的ポジションのキャラクター。大企業の社長の息子でいつも若大将に対抗意識を抱いている。この役名は石原慎太郎・石原裕次郎兄弟をもじったものである。
当時、黒澤明がプロデューサーの藤本に次回作の企画を持ち込んでいたが、この映画の仮題が「青大将」で、藤本はそれを退け、若大将の敵役のニックネームに「青大将」を使った[2]。藤本は大のヘビ嫌いだった。黒澤はその企画のタイトルを『椿三十郎』と改め脚本を完成させた。加山、田中、江原達怡、団令子ら『大学の若大将』の面々が、揃って『椿三十郎』に出演している[2]。
引用元:若大将シリーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%A5%E5%A4%A7%E5%B0%86%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA