『なぞの転校生』桜井美南『僕のいた時間』多部未華子『私の嫌いな探偵』剛力彩芽

069gkplfofgfpr
次の2014年1月放送開始の
TVドラマと出演女優の
正しい組み合わせを選びなさい
なぞの転校生───桜井美南(みなみ)
僕のいた時間───多部未華子
私の嫌いな探偵───剛力彩芽
46%

『なぞの転校生』(なぞのてんこうせい) は、眉村卓のジュブナイル小説 (1967年刊)と、それを原作とする映画・ドラマなどの作品。眉村卓のジュブナイル小説の代表作の一つ。

>テレビ東京『ドラマ24』版[編集]
2014年1月11日から3月29日まで毎週土曜日午前0:12 – 0:52(JST、金曜日深夜)に、テレビ東京系の「ドラマ24」枠[7][8][9]で放送された。中村蒼、本郷奏多、桜井美南のトリプル主演[10]。
NHK少年ドラマシリーズで主人公の広一を演じた高野浩幸は、本作で広一の父、そして異次元であるD-15世界(NHK少年ドラマシリーズの世界に相当)の広一を演じている[11]。このほかにも広一と典夫が別れる場所をNHK少年ドラマシリーズ版と同じく「団地の屋上」と設定するなど、オマージュと取れる部分がある[11]。
引用元:なぞの転校生 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AA%E3%81%9E%E3%81%AE%E8%BB%A2%E6%A0%A1%E7%94%9F

『僕のいた時間』(ぼくのいたじかん)は、フジテレビ・共同テレビの制作で2014年1月8日から3月19日まで毎週水曜日22:00 – 22:54[注 1]に放送された日本のテレビドラマ。主演は三浦春馬[1]。
>青楓学院大学[編集]
澤田 拓人(さわだ たくと)〈22〉
演 – 三浦春馬[3](幼少期:髙橋駿介)
大学4年生 → 宮前家具社員。高校までは順調に両親が敷いたレールの上を走り、父と同じ医者への道を志したが学業の面で挫折する。なにげない生活の中で筋萎縮性側索硬化症(ALS)の症状が現れ始める。
本郷 恵(ほんごう めぐみ)〈22〉
演 – 多部未華子
拓人の同級生。母子家庭で育つ。就職面接中に窮地を救ってくれたことで拓人と知り合い、今まで学年や学部が同じだったが顔を合わせることはなかった。
引用元:僕のいた時間 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%83%95%E3%81%AE%E3%81%84%E3%81%9F%E6%99%82%E9%96%93

フジテレビのドラマ「僕のいた時間」が終わった。
全11回。いろいろと考えさせられるドラマだった。

このドラマは、これまで民放で放送されたテレビドラマとしては画期的なものだった。

それは後で説明するとして、あらすじを追っていくことから始めよう。

三浦春馬と多部未華子が演じる、拓人と恵の大学生2人が就職活動中に知り合い、恋に陥るところから物語は始まる。

しかし、正社員として社会人生活を始めた拓人は、手足の不調を覚えるようになり、専門病院で診察を受けたら、難病の一つであるALS(筋萎縮性側索硬化症)であることが分かる。

全身の筋肉が次第に動かなくなり、話すこともできなくなる。自力で呼吸することも困難になり、そのままでは死にいたる。

治療法はないという神経性の難病がALSだ。

進行すると、精神はしっかりしているのに自力では何ひとつできなくなってしまうという残酷な病気でもある。
引用元:フジテレビ「僕のいた時間」が開いた難病ドラマの新境地 ALS患者の切実でリアルな問題を描き切る (水島宏明) – 個人 – Yahoo!ニュース http://bylines.news.yahoo.co.jp/mizushimahiroaki/20140320-00033739/

『烏賊川市シリーズ』(いかがわしシリーズ)は、光文社から刊行されている東川篤哉のミステリ小説シリーズ。
2014年に、7作目の『私の嫌いな探偵』(わたしのきらいなたんてい)のタイトルでテレビドラマ化された。

>テレビドラマ
烏賊川市シリーズ7作目『私の嫌いな探偵』のタイトルで、2014年1月17日から3月7日まで毎週金曜日23:15 – 翌0:15[注 1]に、テレビ朝日系の「金曜ナイトドラマ」枠で放送された。主な出演者は主演の剛力彩芽で、剛力と今作品で初共演となる玉木宏のふたり[1]。
引用元:烏賊川市シリーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%83%8F%E8%B3%8A%E5%B7%9D%E5%B8%82%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA