大森一樹『すかんぴんウォーク』『花の降る午後』相米慎二『台風クラブ』

202elyyqnodngp
次の映画作品を
監督した人物ごとに
グループ分けしなさい

大森一樹相米慎二
すかんぴんウォーク
花の降る午後
台風クラブ
恋する女たち
ションベン・ライダー

42%

大森 一樹(おおもり かずき、1952年3月3日 – )は、日本の男性映画監督、脚本家。株式会社ファーストウッド・エンタテインメント代表取締役。大阪芸術大学芸術学部映像学科学科長。

>1984年『すかんぴんウォーク』(監督)
1985年『ユー・ガッタ・チャンス』(監督)
1986年『テイク・イット・イージー』(監督)
1986年『恋する女たち』(監督・脚本)文化庁優秀映画賞、第11回日本アカデミー賞優秀脚本賞・優秀監督賞
1987年『トットチャンネル』(監督・脚本) 芸術選奨新人賞受賞
1987年『「さよなら」の女たち』(監督・脚本)
1989年『ゴジラvsビオランテ』(脚本・監督)
1989年『花の降る午後』(脚本・監督)
引用元:大森一樹 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%A3%AE%E4%B8%80%E6%A8%B9

相米 慎二 (そうまい しんじ、1948年1月13日 – 2001年9月9日) は、日本の映画監督。代表作である『台風クラブ』はキネマ旬報「オールタイムベスト・ベスト100」日本映画編(1999年版)の55位にランクインしている。
>主な作品
『セーラー服と機関銃』
『台風クラブ』
『お引越し』
『あ、春』
引用元:台風クラブ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E9%A2%A8%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96