『ブルー&ロンサム』ローリング・ストーンズの新アルバム

365qjhiykqkhjr
2016年12月に全世界でリリース
される、ザ・ローリング・
ストーンズの11年ぶりとなる
スタジオ・アルバムは?
『ブルー&ロンサム』(答)
『ブラック&ロンサム』
『レッド&ロンサム』
『ホワイト&ロンサム』
35%

ザ・ローリング・ストーンズ
ブルースへ回帰したニュー・アルバムを発表
『ブルー&ロンサム』12月2日発売。日本盤も同時発売

構想50年、制作日数3日
www.RollingStones.com

2016年12月2日にザ・ローリング・ストーンズは11年振りとなるスタジオ・アルバム『ブルー&ロンサム』をリリースする。たった3日間でロンドンでレコーディングされた『ブルー&ロンサム』はザ・ローリング・ストーンズのハート&ソウルでもあるブルースというルーツそして情熱に回帰している。
引用元:11年振りニュー・アルバム『ブルー&ロンサム』12月2日発売決定! – UNIVERSAL MUSIC JAPAN http://www.universal-music.co.jp/rolling-stones/news/2016/10/06_release/

ザ・ローリング・ストーンズ (The Rolling Stones) は、イギリスのロックバンド。1962年4月のロンドンで、ブライアン・ジョーンズ(ギター、ハーモニカ)、イアン・スチュワート(ピアノ)、ミック・ジャガー(リードヴォーカル、ハーモニカ)、キース・リチャーズ(ギター、ボーカル)によって結成、その後間もなくベーシストのビル・ワイマンとドラマーのチャーリー・ワッツが参加した。
結成当初のリーダーはジョーンズであったが、後にジャガーとリチャーズがコンビで作曲を行い、グループをリードするようになった。1969年、ジョーンズは体調不良と法律問題のためバンドへの貢献が減少しツアーへの参加もできなくなり、バンドを脱退、その3週間後にプールで溺死した。ジョーンズの後任としてミック・テイラーが加入、1974年に脱退するまで活動を続けた。その後、ロン・ウッドが加入する。ワイマンは、1993年にバンドを脱退、後任としてダリル・ジョーンズがベースを担当するようになるが、正式メンバーとしては加入していない。スチュワートは、1963年に公式メンバーから外されるが、バンドのロードマネージャーを続け、1985年に死去するまでピアニストとしてツアーやレコーディングに参加した。1982年以降は、チャック・リーヴェルがバンドのキーボードを担当している。
引用元:ローリング・ストーンズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA