大門圭介『西部警察』

159htrassefopk
刑事ドラマ『西部警察』で
「大門軍団」を率いる
巡査部長の名前は大門◯◯?
◯の名前をひらがなで答えなさい
けいすけ(答)
「大門圭介」
44%

西部警察の登場人物(せいぶけいさつのとうじょうじんぶつ)では、石原プロモーションが制作しテレビ朝日系で放送された刑事ドラマ『西部警察』シリーズの登場人物を紹介する。

>大門 圭介(だいもん けいすけ、演:渡哲也)
警視庁巡査部長[1]・西部警察署捜査課部長刑事 → 警視庁警部・西部警察署捜査課長。
“大門軍団”の別名で知られる捜査課の刑事たちをリーダーとして率い、彼らからは「団長」と呼ばれて慕われている。
ただし、先輩刑事である谷・浜・南や木暮からは「大さん」と呼ばれる方が多い(なお木暮課長は初期は「団長さん」と呼び、その後も時折「団長」と呼んでいる)。一人称は基本的に当時の警察官または軍人を髣髴させるかのような「自分」であり、流行語にもなった。そのほか決め台詞として犯人との交渉などに際し「自分は西部署の大門だ」もある。

木暮 謙三(こぐれ けんぞう、演:石原裕次郎)
警視庁警視・西部警察署捜査課長[6]。
キャリア官僚として警察庁に入庁し最年少の警視総監誕生か[7]、と周囲の期待を受けるも、現場を望みあえて出世コースより外れ西部警察署に赴任。一説には暴走気味の大門軍団を抑える目付役だったともされている。
元はエリートの警察官僚ということもあり、警視庁・警察庁・検察庁・外務省・国防隊(回によっては「防衛隊」。本作世界観における自衛隊相当の組織)などの最高幹部に人脈が豊富である。またPART-I前半期には、事件の黒幕である国会議員などを逮捕する際は、木暮が直々に身柄確保へ向かうことも多かった。
部下の失態を責めることはせず、無茶の多い軍団が力を発揮できるよう陰でサポートしており、捜査用のスーパーマシンも発注している。警視庁本部などから圧力をかけられた際には、人脈を駆使して圧力をはねつける。
引用元:西部警察の登場人物 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E9%83%A8%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%BA%E7%89%A9