『逆噴射家族』小林よしのり脚本の映画

157groyycvhvah
小林よしのりが脚本を担当した
石井聰亙監督による1984年公開の
映画は『◯◯◯家族』?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
ぎゃくふんしゃ(答)
『逆噴射家族』
54%

『逆噴射家族』(ぎゃくふんしゃかぞく)は、1984年6月23日に公開された日本映画。監督は石井聰亙。家庭を舞台にした戦争映画と注目を受けた。原案・脚本は漫画家の小林よしのり。

>小心で真面目なサラリーマン、小林勝国は長期ローンで夢のマイホームを手に入れた。家族はみな勝手気ままだったが、それなりに幸せだった。だが、郷里から勝国の父・寿国が舞い込んできてから、家のなかがギクシャクしはじめ、やがて、それぞれの心に眠っていた狂気が暴走する。
引用元:逆噴射家族 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%86%E5%99%B4%E5%B0%84%E5%AE%B6%E6%97%8F

解説
団地生活から抜け出して、新興住宅地へ越して来た一家が、舞い込んで来た祖父によって歯車が狂い出す様子を描く。脚本は小林よしのり、「海燕ジョーの奇跡」の神波史男、この作品で監督も手がけている「爆裂都市 バースト・シティ」の石井聡亙、撮影は「ションベン・ライダー」の田村正毅がそれぞれ担当。
引用元:逆噴射家族 : 作品情報 – 映画.com http://eiga.com/movie/35914/