テレンス・マリック『ツリー・オブ・ライフ』『シン・レッド・ライン』『地獄の逃避行』

328yyrhyzhcnft
『地獄の逃避行』
『ニュー・ワールド』
『シン・レッド・ライン』
『天国の日々』
テレンス・マリック(答)
ウォルフガング・ペーターゼン
デビッド・フィンチャー
リチャード・ドナー

cimg3492
次の2011年度の第84回アカデミー
監督賞にノミネートされた
映画監督と対象作品の
正しい組み合わせを選びなさい
M・アザナヴィシウス───アーティスト
テレンス・マリック───ツリー・オブ・ライフ
アレクサンダー・ペイン───ファミリー・ツリー

テレンス・マリック (Terrence Malick, 1943年11月30日 – ) は、アメリカ合衆国の映画監督、脚本家、プロデューサーである。

>主な作品
『天国の日々』
『シン・レッド・ライン』
『ツリー・オブ・ライフ』

>1971年にジャック・ニコルソンが監督を務めた『Drive, He Said』や『ダーティ・ハリー』の初期草稿に脚本家として携わり、映画界に進出。翌1972年にはポール・ニューマン主演の『ポケット・マネー』の脚本を執筆。1973年には初の長編『地獄の逃避行』を発表した。
1978年には2作目の『天国の日々』を発表。それまでのハリウッドでは試みられたことのない編集や光量、音量の調整に試行錯誤したため、ポストプロダクションに2年かかる力作となった。アカデミー作曲賞、音響賞、衣装デザイン賞などにノミネートされ、撮影監督を務めたネストール・アルメンドロスがアカデミー撮影賞を受賞した。また、第32回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、監督賞を受賞した。
引用元:テレンス・マリック – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF

ウォルフガング・ペーターゼン(Wolfgang Petersen、1941年3月14日 – )は、ドイツの映画監督。ニーダーザクセン州エムデン出身。
『U・ボート』の監督として成功し、以後アメリカに移住してハリウッドで活躍している。なお、名のWolfgangは、本来「ヴォルフガング」と発音する。

>主な作品
『U・ボート』
『ネバーエンディング・ストーリー』
『ザ・シークレット・サービス』
『アウトブレイク』
『エアフォース・ワン』
『パーフェクト ストーム』
『トロイ』
『ポセイドン』
引用元:ウォルフガング・ペーターゼン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%B3

デヴィッド・フィンチャー(David Fincher, 1962年8月28日 – )は、アメリカ合衆国の映画監督。コロラド州デンバー市出身。
フィンチャーによる作品はどれも色調を抑えた暗い画づくりが特徴。嫌いな色はピンク。

>1992年、『エイリアン3』で映画監督デビュー。初監督作品としては史上最高の製作費で作られたが、ストーリーがあまりにも暗く、興行的にも内容的にも失敗作とされた。また出演者のシガニー・ウィーバーやマイケル・ビーンとのトラブルが絶えず、ウィーバーからは「アンタこそエイリアンよ!」と言われ、ビーンからは肖像権問題で危うく訴えられそうになり、前作以上の出演料を払うことになるなど、デビューは華々しいものではなかった。
1995年、『セブン』、『ファイト・クラブ』の成功により、フィンチャーは一躍ヒットメイカーとして注目されるようになる。
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』、『ソーシャル・ネットワーク』ではアカデミー監督賞にノミネートされた。
引用元:デヴィッド・フィンチャー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC

リチャード・ドナー(Richard Donner、1930年4月24日 – )はアメリカの映画監督であり、映画プロダクションであるThe Donners’ Company社の映画プロデューサー。

>主な監督作品[ソースを編集]
拳銃無宿 Wanted: Dead or Alive (1960-61年)
トワイライト・ゾーン The Twilight Zone (1964年)
おませなツインキー Twinky (1969年)
オーメン The Omen (1976年)
スーパーマン Superman (1978年)
レディホーク Ladyhawke (1985年)
グーニーズ The Goonies (1985年)
リーサル・ウェポン Lethal Weapon (1987年)
引用元:リチャード・ドナー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%8A%E3%83%BC