Qlair『さよならチャイム』 『お願い神さま』 『SUMMER LOVER 大作戦』 『瞳いっぱいの夏』

054vxcoqpyohoo
『さよならチャイム』
『お願い神さま』
『SUMMER LOVER 大作戦』
『瞳いっぱいの夏』
少女隊
MISSION
制服向上委員会
Qlair(答)


『おはよう!』
『清く正しく美しく』
『笑顔がスキッ!』
『制服宣言!』
制服向上委員会

連想
『素直になってダーリン』
『Bye-Byeガール』
『FOREVER』
『もっとチャールストン』
少女隊(答)

連想
『かわいいんじゃない?』
『素肌の季節』
『power Game』
『Show me×Show me』
MISSION(答)

CIMG5321
122MveYloQ
次のうち、フジテレビの番組から
誕生したアイドルグループを
全て選びなさい
Qlair(答)『乙女塾』
MISSION(答)『アイドルハイスクール芸能女学館』
ribbon(答)『乙女塾』
CoCo(答)『乙女塾」
アイドリング!!!(答)『アイドリング!!!』
おニャン子クラブ(答)『夕やけニャンニャン』
チェキッ娘(答)『DAIBAッテキ!!』
東京女子流 エイベックス
私立恵比寿中学 スターダストプロモーション
引用元:フジテレビから「Qlair」「MISSION」「ribbon」「CoCo」「アイドリング!!!」  青田典子「C.C.ガールズ」 沖弥生「MISSION」 宮前真樹「CoCo」 若杉南「Melody」 引田智子「少女隊」 永作博美「ribbon」 http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/23371/

Qlair(クレア)は、1991年にフジテレビが主催・運営していたタレント育成講座の乙女塾からデビューした、女性アイドルグループ。
グループ名の“Qlair”とはギルバート・オサリバンの「Clair」からインスパイアされたもの。このため、ライブ、イベントのオープニングでは必ずオサリバンの「Clair」が流されていた[注 1]。
引用元:Qlair – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Qlair

少女隊(しょうじょたい・Shohjo-tai)は、日本の女性アイドルグループ。
1985年から秋元康と手を組んでプロモーションの方向を大幅に変更。3枚目のシングル「素直になってダーリン」で『ザ・トップテン』に初ランクイン、TBSのドラマ『夏・体験物語』の挿入曲「Bye-Byeガール」で『ザ・ベストテン』にランクインするなど徐々に人気が上昇。1986年には国立代々木競技場第一体育館と大阪城ホールを含むツアーを開催。同年の写真集『少女隊の逆襲』は、「アーティスト路線で売れないなら開き直ろう」といった精神でリリースされたもので、デビュー当初は話題が先行するだけでヒットに至らなかったことを周囲に指摘されて悔しかったことなど、本人たちの本音が綴られている[1][2]。
引用元:少女隊 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%91%E5%A5%B3%E9%9A%8A

制服向上委員会(せいふくこうじょういいんかい、略称:SKi – Seifuku Kojo Iinkaiより)は、1992年に結成されたアイドルグループ[1]。メンバーは随時入れ替えられて継続していたが、2006年9月24日をもって“卒業”した。その後、SKiファミリーとして実質的に活動は継続し、グループではないが集合体総称という意味合いを持っていたが、2010年9月20日にグループとして再始動した。
引用元:制服向上委員会 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%B6%E6%9C%8D%E5%90%91%E4%B8%8A%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A

MISSION(ミッション)は、日本で1998年から1999年にかけて活動した、女性アイドルグループ。 グループ名の由来は「MISSION(作戦)を成功させる」事から。[要出典]
>1998年7月23日、シングル「素肌の季節」でエイベックスよりデビュー。4枚目のシングル『かわいいんじゃない?』でオリコン初登場24位を記録するも、アルバムリリースが無いまま解散した。各メンバーの所属はそれぞれ違っていた(後述)。 グループとしてはミューズエンターテイメント(現・ぱれっと)所属。
引用元:MISSION – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/MISSION