ディジー・ガレスピー『チュニジアの夜』『マンテカ』

031qxlttrteedg
『チュニジアの夜』『マンテカ』
などを作曲した、「ビバップ』
の先駆者とされる、アメリカの
トランペット奏者は?
ジョン・コルトレーン
マイルス・デイヴィス
ディジー・ガレスピー(答)
ルイ・アームストロング
30%

CIMG8501bhArv7dG3A4I
『チュニジアの夜』で有名な
トランペット奏者です
ガレスピー(答)
Dizzy Gillespie

タイピング
ディジー・ガレスピーとフランク・パパレリが作曲したジャズの名曲は『チュニジアの◯』?◯の漢字をひらがなで答えなさい
よる(答)
『チュニジアの夜』

スロット
折れ曲がったトランペットをトレードマークとしたビバップを築いたジャズ奏者はディジー・◯◯◯◯◯?
ガレスピー(答)
引用元:ジャズのスタンダードナンバー『Softly, as in a Morning Sunrise』朝日のごとくさわやかに『スターダスト』ホーギー・カーマイケル『ジ・エンターテイナー』スコット・ジョプリン『テイク・ファイブ』ポール・デズモンド『煙が目にしみる』ジェローム・カーン ガレスピー『チュニジアの夜』で有名なトランペッター http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/18375/

cimg8503djn2jpzrkr5m
次のジャズミュージシャンを
主に演奏した楽譜ごとに
グループ分けしなさい

サックスドラム
アート・ブレイキー
チャーリー・パーカー
ソニー・ロリンズ

タイピング
「ジャズ・メッセンジャーズ」を率いていたジャズの名ドラマーといえばアート・◯◯◯◯◯?
ブレイキー(答)

並べ替え
ジャズ・メッセンジャーズを率い「モーニン」などの名曲を残したアメリカのジャズドラマーはアート・○○○○○?
ブレイキー(答)

タイピング
チャーリー・パーカーを描いたクリント・イーストウッド監督による映画は『◯◯◯』?
バード(答)

スロット
「バード」の愛称で呼ばれた1955年に亡くなったアメリカの有名なジャズサックス奏者はチャーリー・◯◯◯◯?
パーカー(答)


ジャズの名演奏者でチャーリー・パーカーといえばその楽器は?
サックス(答)

並べ替え
アメリカのサックス奏者で「セント・トーマス」などの曲で有名なのは?
ソニー・ロリンズ(答)

ディジー・ガレスピー(Dizzy Gillespie、本名:ジョン・バークス・ガレスピー、John Birks Gillespie、1917年10月21日 – 1993年1月6日)は、アフリカ系アメリカ人のジャズミュージシャン。トランペット奏者でバンドリーダー、コンポーザー。
アルト・サックス奏者のチャーリー・パーカーと共に、モダン・ジャズの原型となるスタイル「ビバップ」を築いた功労者の一人としてジャズの歴史上で讃えられ、ラテン・ジャズを推進させたアーティストとしても知られる。
ベルが上に突き出たトランペットを、頬をいっぱいにふくらませ、高らかなトーンで豪快かつテクニカルに演奏するスタイルは人気を博した。だみ声でのスキャットを得意とする個性的なジャズ歌手でもある。
引用元:ディジー・ガレスピー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC

ジョン・コルトレーン(John Coltrane, 1926年9月23日 – 1967年7月17日)は、アメリカ、ノースカロライナ州生まれのモダンジャズのサックスプレーヤー。愛称はトレーン(Trane)。
長い間無名のままでいたため、第一線で活躍した期間は10年余りであったが、自己の音楽に満足せずに絶えず前進を続け、20世紀のジャズ最大の巨人となった。
引用元:ジョン・コルトレーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3

マイルス・デューイ・デイヴィス三世(Miles Dewey Davis III, 1926年5月26日 – 1991年9月28日)は、アメリカ合衆国のジャズトランペット奏者。アルバム『カインド・オブ・ブルー』『ビッチェズ・ブリュー』などで知られている。日本には彼を「ジャズの帝王」[1][2][3]、「モダン・ジャズの帝王」[4][5]と呼ぶファンや評論家も多い。クール・ジャズ、ハード・バップ、モード・ジャズ、エレクトリック・ジャズ、フュージョンなど、時代に応じて様々な音楽性を見せ、ジャズ界を牽引した。
引用元:マイルス・デイヴィス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B9

ルイ・アームストロング(Louis Armstrong, 1901年8月4日[1] – 1971年7月6日)は、アフリカ系アメリカ人のジャズミュージシャン。
サッチモ (Satchmo) という愛称でも知られ、20世紀を代表するジャズ・ミュージシャンの一人である。
サッチモという愛称は「satchel mouth」(がま口のような口)というのをイギリス人記者が聞き違えたとする説や、「Such a mouth!」(なんて口だ!)から来たとする説などがある。その他、ポップス (Pops)、ディッパー・マウス (Dipper Mouth) という愛称もある。
引用元:ルイ・アームストロング – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B0