ZERO『ゼロから歩き出そう』阿久津健太郎・阿久津愛の兄弟デュオ

006fzvakokfxmr
1999年に解散した
阿久津健太郎、愛の兄弟による
デュオの名前は「◯◯◯◯」?
◯を答えなさい
ZERO(答)
46%

阿久津 健太郎(あくつ けんたろう、1976年11月25日 – )は、日本のシンガーソングライター、音楽プロデューサー、ギタリスト。東京都出身。無所属。 兄妹2人組音楽ユニットZERO、男性5人組ミクスチャーロックバンドHAVの元メンバー。俳優としても活動した。
父はシングル「港のエトランゼ」でデビューした歌手の阿久津健(本名:末吉)。母は『スター誕生!』出身・シングル「若草物語」でデビューした女性デュオコスモスの田村悦子(阿久津悦子、1952年1月8日 – 2014年2月13日)[1][2]。妹はZEROの阿久津愛(1978年1月5日(38歳))[3]。
引用元:阿久津健太郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E4%B9%85%E6%B4%A5%E5%81%A5%E5%A4%AA%E9%83%8E

現在“ペンネとアラビアータ”名義でPASSPO☆のトータルサウンドプロデュースを手掛ける阿久津健太郎(以下、阿久津)は、作家としてこれまでも中ノ森BAND、w-inds.、Folder5、MAXなどさまざまなアーティストの楽曲に携わってきた。また、過去に自身も歌手としてデビューし、ヒット曲を生み出した経験を持つ。そんなアーティスト・作家として功績を残し続ける同氏に、今回インタビューを実施。前編では彼の波乱万丈の半生や、豊富な経験のなかで得たプロデュース・作家論について、じっくり話を訊いた。

>ある日、社長から呼び出されたので「売れなかったからクビかな」と思ったんですけど、「お前の妹、いい声してるな」っていきなり言われて。どうやら妹が自分の知らないところで、勝手にデモテープを社長に送っていたらしいんです。その時、カーペンターズがドラマ主題歌に起用されて再評価されていたので、社長も「兄と妹で和製カーペンターズだ」とノリノリで。妹とはこの時、一緒に住んでいたのですが、おたがいに思春期でほとんど会話もなく、抵抗もあったので「嫌です」と断りました。ただ、社長が引き下がらなかったので「じゃあ、企画物ならいいですよ」と偉そうに言ってしまいました。そこで、「CMソングのタイアップ曲を作ってみないか」という話を頂いて、一日で50曲作って持っていきました。そこから選んでもらったのが「ゼロから歩き出そう」という曲で、CMを通じて大きな反響をいただいたこともあり、ZEROというユニットを組んでCDをリリースしました。
引用元:Music Factory Tokyo http://musicfactorytokyo.com/special_detail.html?id=523