加藤久仁生『つみきのいえ』 滝田洋二郎『おくりびと』

118vgnlemdxlmt
119eowxblopkrn
2008年度のアカデミー賞で
外国語映画賞を受賞した
映画『おくりびと』の監督は
滝田洋二郎ですが

短編アニメーションを受賞した
映画『つみきのいえ』の監督は?
滝二郎仁田
生久藤洋加
加藤久仁生(答)
かとうくにお
37%

加藤 久仁生(かとう くにお、1977年4月24日[1] -)は日本のアニメーション作家。鹿児島県鹿児島市出身。
>鹿児島市立桜丘東小学校、鹿児島市立桜丘中学校、鹿児島市立鹿児島玉龍高等学校、多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業[2]。大学在学中に制作したアニメーション作品で国内の賞を獲得。卒業後、2001年に映像制作会社ROBOTに入社、キャラクター・アニメーション部アニメーションスタジオケージに所属。テレビ番組、Webアニメーション、スポットCMなどのアニメーション作品を手がけている。
2008年、『つみきのいえ』が世界最高峰のアヌシー国際アニメーション映画祭で、短編作品に与えられるアヌシー・クリスタル賞(最高賞グランプリ)を獲得。同賞の日本人の受賞は2003年『頭山』の山村浩二に続いて2人目。
引用元:加藤久仁生 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E4%B9%85%E4%BB%81%E7%94%9F

『つみきのいえ』(仏題:La maison en petits cubes)は、2008年に発表された加藤久仁生監督による日本の短編アニメーション映画である。水に沈みゆく街にある積木を積み上げたかのような家で暮らす老人を通して、人生というものを象徴的に描く。
アカデミー短編アニメ賞を受賞した初の邦画である。

>本作品は、加藤が描いた「幾重にも積み上げられた家」の絵を、脚本を務める平田に見せた事が製作のきっかけとなっている。世界観の面白さに興味を抱いた平田がストーリーラインを書き上げ、それに沿う形で制作が進められていった[2]。
加藤は脚本家の平田研也より、地球温暖化が問題になっているのだからそれもアピールすべきというアドバイスを受けたが、加藤は、どんな過酷な環境にあっても、人は生きていかねばならない、という自らのイメージを貫いた[3]。
加藤は主人公である老人の生活を淡々と描くことで、人生というものを象徴的に表現しようと思ったと語っており、見た人たちが人生の中で大切にしているものや過ぎ去ってしまったものに対してどのような姿勢をとるのか考えるきっかけになる作品にしたかったという[4]。
引用元:つみきのいえ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A4%E3%81%BF%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%81%84%E3%81%88

滝田 洋二郎(たきた ようじろう、1955年(昭和30年)12月4日 – )は、日本の映画監督。富山県高岡市(旧福岡町)出身。
>2001年(平成13年)の『陰陽師』は、実写日本映画ではトップクラスのヒットとなった[1]。2004年(平成16年)には『壬生義士伝』で日本アカデミー賞最優秀作品賞。
2008年(平成20年)に公開の『おくりびと』は大作ではなかった[2]もののこれがロングランとなると、翌2009年(平成21年)の日本アカデミー賞で最優秀作品賞・最優秀監督賞を受賞。その後第81回米国アカデミー賞では日本映画初の外国語映画賞 を受賞した。
2009年(平成21年)3月18日高岡市のホテルニューオータニ高岡にて富山県初となる県民栄誉賞と、こちらも初となる高岡市民栄誉賞が贈られた[3]。
2011年(平成23年)、映画芸術科学アカデミー会員に選出される。
2014年(平成26年)、紫綬褒章受章。
引用元:滝田洋二郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BB%9D%E7%94%B0%E6%B4%8B%E4%BA%8C%E9%83%8E

jbztmbkbvvk
ほとんどの建物が水没した土地で暮らす老人。
ある日落とし物を探しに海に潜ると…。米国アカデミー賞短編アニメーション部門受賞、フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭最高賞をはじめ数々の賞を獲得した名作アニメを監督自身が描き下ろし絵本化。 2008年10月刊。
引用元:つみきのいえ|白泉社ブックス http://www.hakusensha.co.jp/books/9784592761310