中村梅雀『信濃のコロンボ事件ファイル』

009yprcvkgrojf
010vcrlucuebau
アメリカのTVドラマ
『刑事コロンボ』シリーズの
主演はピーター・フォークですが

日本の2時間ドラマ『信濃の
コロンボ事件ファイル』
シリーズの主演は中村◯◯?
◯の名前をひらがなで答えなさい
ばいじゃく(答)
「中村梅雀」
47%

『信濃のコロンボ事件ファイル』(しなののコロンボじけんファイル)は、内田康夫の推理小説『信濃のコロンボシリーズ』を原作とし、その推理小説に登場する竹村岩男を主人公に据えた刑事ドラマシリーズ。

>中村梅雀版
テレビ東京・BSジャパン共同制作の2時間ドラマ「水曜ミステリー9」(水曜日21:00 – 22:48)で2001年から2009年まで放送されたシリーズ。全18回。主演は中村梅雀。
放送枠は「女と愛とミステリー」(第1作 – 第7作)、「水曜ミステリー9(第1期)」(第8作 – 第17作)、「水曜シアター9」(第18作)。
なお、第1作のタイトルは『信濃のコロンボ事件帳』で、第2作、第3作のタイトルは『信濃のコロンボ』だった。第4作から『信濃のコロンボ事件ファイル』になった。
引用元:信濃のコロンボ事件ファイル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E6%BF%83%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%9C%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB

中村 梅雀(なかむら ばいじゃく)は、歌舞伎役者。
※以下は、成駒屋の中村梅雀を取り上げる。他系統に、大阪中村梅玉系の中村梅雀が存在した。
前進座・成駒屋系
初代 中村梅雀 – 二代目中村翫右衛門の俳名。
二代目 中村梅雀 – 本項にて詳述。

二代目中村梅雀(にだいめ なかむら ばいじゃく、1955年(昭和30年)12月12日 – )は、日本の俳優、ベーシスト、作曲家。本名、三井進一。血液型はAB型。東京都立荻窪高等学校卒業後、桐朋学園短期大学演劇専攻卒業。
歌舞伎役者としての続柄は以下の通り。
曾祖父:二代目中村翫右衛門。初代中村梅雀(柳盛座々頭)。
祖父:三代目中村翫右衛門(歌舞伎役者、劇団前進座創設メンバー、前進座幹事長)
父:四代目中村梅之助(歌舞伎役者、劇団前進座 現・代表)
屋号は成駒屋。1965年(昭和40年)初舞台。前進座で歌舞伎・演劇の世界を学ぶ。初名「中村まなぶ」。1980年の前進座創立50周年記念公演を機に曾祖父の名乗った梅雀を襲名、「二代目梅雀」となる。同劇団の巡業公演『お登勢』の千秋楽(2007年(平成19年)10月5日)をもって前進座を退団した。現在はフリーで活動している[1]。

>『信濃のコロンボ事件ファイル』(竹村岩男)『釣りバカ日誌』(草森秘書室長)なども当たり役となった。
引用元:中村梅雀 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E6%A2%85%E9%9B%80