ティルダ・「スウィントン」『フィクサー』アカデミー助演女優賞 イギリス出身の女優

002hfmutajrcxs
映画『フィクサー』の演技で
2008年のアカデミー助演女優賞
を受賞したイギリスの女優は
ティルダ・◯◯◯◯◯◯?
ヒィヴンマル
ヒューシング
アーィィトン
スウィントン(答)
Tilda Swinton
34%

cimg2647
事件をもみ消す仕事を専門
とする主人公の弁護士を
ジョージ・クルーニーが
演じた2008年の映画は?
ハッコサム
フィグング
ロンニッー
フィクサー(答)


佐分利信が主演した1979年の映画は『日本の◯◯』?
黒幕
フィクサー(答)

エフェクト
『彼岸花』『お茶漬けの味』などの
小津映画に出演した俳優です
佐分利信
さぶりしん(答)

cimg4648

ティルダ・スウィントン(Tilda Swinton, 1960年11月5日 – )は、イギリスの女優。身長180cm。

>1980年代に映画監督のデレク・ジャーマンと知り合い、1986年に同監督作品の『カラヴァッジオ』で映画デビュー。以後、ジャーマン作品の常連となる。1991年公開の『エドワードII』でヴェネツィア国際映画祭 女優賞を受賞。
1999年公開の『ザ・ビーチ』でハリウッド進出を果たし、2001年公開の『ディープ・エンド』でゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)の候補となる。2005年公開の『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』では白の魔女を演じた。
2007年公開の『フィクサー』 でアカデミー助演女優賞と英国アカデミー賞 助演女優賞を受賞する。
引用元:ティルダ・スウィントン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3

ニューヨーク最大の法律事務所に勤めるマイケル・クレイトン(クルーニー)は、事務所のボス直属の部下で、最も汚い仕事を担当するフィクサー(=もみ消し屋)。ある日、事務所内最高の敏腕弁護士が巨額の企業訴訟問題の係争中に相手側に寝返ってしまい、法廷内で問題を起こす。いつものように問題の“もみ消し”にかかるマイケルだったが、事の真相を知り、人生の岐路に立たされる……。第80回アカデミー賞では作品賞を含む7部門にノミネートされ、ティルダ・スウィントンが助演女優賞を受賞した。
引用元:フィクサー(2007) : 作品情報 – 映画.com http://eiga.com/movie/34265/

スコットランドの旧家の出身。ケンブリッジ大学時代に演劇を始め、卒業後に1年間、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーに所属した。デレク・ジャーマン監督の「カラヴァッジョ 天才画家の光と影」(86)でスクリーンデビューを果たし、ジャーマンがエイズの合併症で亡くなる94年まで、彼の作品に出演する。「エドワード II」(91)でベネチア国際映画祭の女優賞を受賞し、アート系のファンを獲得した。サリー・ポッター監督作「オルランド」(92)では、男性から女性へと変化しながら400年生きる貴族の青年を演じ、国際的にも有名に。その後、「ザ・ビーチ」(00)、「コンスタンティン」(05)などハリウッドの作品にも出演し、ジョージ・クルーニー主演の「フィクサー」(07)でアカデミー助演女優賞を受賞した。近年の作品に「ナルニア国物語」シリーズ(05~)、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(08)、「少年は残酷な弓を射る」(11)などがある。
引用元:ティルダ・スウィントン – 映画.com http://eiga.com/person/49210/