「ニーチアン」『アンドロメダ』の戦闘人種 ニーチェ「超人」から

504owtnfjpwnky
TVドラマ『アンドロメダ』で
戦闘用に遺伝子操作された人種
ニーチアン(答)
Nietzscheans
32%

『アンドロメダ』(Gene Roddenberry’s Andromeda)は、カナダ・アメリカ合作のSFテレビドラマ。2000年10月から放送が始まり、2005年5月で放送終了。全5シーズン。

>ニーチアン
遺伝子工学により人間から派生した種族。手首にはボーン・ブレードと呼ばれる3本の刺がある。高い知性と戦闘能力を持つ反面、独善的で寛容性に乏しい。家系を重んじ、子孫を残す事を人生最大の目的とする。
アトレウス、コディアック、オルカ、アル・シャリフ、スリー・リバース、バニヤムレンジ、ドラゴ・カゾフ、サブラ、ジャガー、ケンジャ、ラクシャサなど複数の部族に別れて生活している。
旧連合を崩壊させニーチアン帝国建設を目指すが、ニーチアンを支配していたドラゴ・カゾフ一族がジャガー一族の裏切りにあい分裂した。
ドラゴ・ムセヴェニの遺体はドラゴ・カゾフ一族と同盟を組んでいたコディアック一族が回収し保管することとなる。
種族名、およびそのメンタリティはニーチェの超人に由来する。
引用元:アンドロメダ (テレビドラマ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%A1%E3%83%80_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

ちょうじん【超人 Übermensch[ドイツ]】

ドイツの哲学者ニーチェの著作《ツァラトゥストラ》(1883‐85)の中で,人間にとっての新たな指針(和辻哲郎の用語では〈方向価値〉)として情熱的に説かれた言葉。その熱っぽさが,19世紀末の微温的市民社会と精神的閉塞状況からの脱出を願う青年知識層に広く迎えられた。超人は民衆を離れ,孤高の中で人間の卑小さの絶えざる克服をめざす。超人は人間という〈暗雲〉からひらめく〈稲妻〉〈狂気〉である。〈人間は動物と超人とのあいだに張りわたされた一本の綱なのだ〉。
引用元:超人(ちょうじん)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E8%B6%85%E4%BA%BA-97938