「ベルリーニ」『夢遊病の女』『ノルマ』イタリアのオペラ作曲家

285uotrwmplxgt
『夢遊病の女』『ノルマ』
『清教徒』などのオペラ作品で
有名な19世紀イタリアの作曲家は
ヴィンチェンツォ・◯◯◯◯◯?
ベマカース
グルリドニ
チスロンク
ベルリーニ(答)
Vincenzo Bellini
16%

ヴィンチェンツォ・ベッリーニ(Vincenzo Bellini, 1801年11月3日 – 1835年9月23日)はシチリア島・カターニアに生れ、パリ近郊で没したクラシック音楽の作曲家で、主としてオペラ作曲家として有名である。名字はベルリーニ、ベリーニとも表記する。1985年から1996年まで発行された5000イタリア・リレ(リラの複数形)紙幣に肖像が採用されていた。
ロッシーニやドニゼッティと共に19世紀前半のイタリアオペラ界を代表する天才である。中でも特にベッリーニについてはショパン、ベルリオーズ、ワーグナーらの賞賛と愛情の言葉を得ている事で知られている。父親も祖父も音楽家であり、音楽を学ぶ前から作曲を始めたという神童であった。
引用元:ヴィンチェンツォ・ベッリーニ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%84%E3%82%A9%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B

ノルマ(ベッリーニのオペラ)
のるま
Norma

イタリアの作曲家ベッリーニのオペラ。二幕五場。フェリーチェ・ロマーニの台本に基づき1831年に作曲、同年ミラノ・スカラ座で初演。紀元前50年ころ、ローマ共和政末期のガリア地方を舞台とする悲劇である。ドゥルイド教の尼僧長ノルマは敵方のガリア総督ポリオーネに恋し子供までもうけるが、やがて彼は若い尼僧アダルジーザに心変わりしてしまう。深い苦悩のうちにノルマは、純潔を破り祖国を裏切った罪を償うため自ら火刑台に登り、またポリオーネも改心し、ともに炎に包まれる。いわゆるプリマドンナ・オペラで、主役にはベルカント唱法にたけたソプラノ歌手、しかも、清純な宗教的帰依(きえ)からごく人間的な嫉妬(しっと)の情に至るまでさまざまな感情を描き分ける歌唱表現力と演技力が要求される。ノルマの独唱「清らかな女神よ」やアダルジーザとの二重唱「最後のときまで」などの名曲がある。日本初演は1923年(大正12)カーピ・イタリア歌劇団。[三宅幸夫]
引用元:ノルマ(のるま)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%9E%28%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%81%AE%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9%29-1576296#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29

主な登場人物
アミーナ(ソプラノ) 村一番美しく繊細な娘であるが、夢遊病者
エルヴィーノ(テノール) アミーナと結婚する富裕な若い地主
テレーザ(メゾ・ソプラノ) 水車小屋の女主人で孤児であったアミーナの養母
リーザ(ソプラノ) 小さなホテルの女主人
ロドルフォ伯爵(バス) 前領主が亡くなり久しぶりに帰郷した跡継ぎとなる領主

 19世紀初頭スイスのある村で、村一番の美人アミーナは富裕で若い地主エルヴィーノと結婚することになっていました。

 ただ、アミーナは夢遊病者でした。当時、眠っている人が歩くなんて信じられず、夢遊病という病気の存在は、多くの人々には知られていませんでした。

 アミーナが夜さまよい歩いたことから、誤解を招きいったん破談となりますが、領主である伯爵がその病気の存在を知っていたので、エルヴィーノはその存在を理解し元の鞘に収まるという話です。ベルリーニらしい美しい旋律の多いオペラです。
引用元:オペラストーリーA4版 http://opera.opcc.jp/laSonnambula.html