『サイクリングブギ』サディスティック・ミカ・バンド

117ptrrmrsljlz
サディスティック・ミカ・バンド
のファーストシングルです
サイクリングブギ(答)
43%

CIMG4953
『帰って来たヨッパライ』を
1967年に大ヒットさせたのは
ザ・フォーク・◯◯◯◯◯◯?
◯を答えなさい
クルセダーズ(答)
引用元:「シュリークス」イルカが参加したフォークグループ http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/24204/

サディスティック・ミカ・バンド(Sadistic Mika Band)は、日本のロックバンド。
1972年デビュー。1974年発表のアルバム『黒船』は、当時英米でも発売されていた。活動中の1975年にはイギリスでツアーを行っている。1975年の解散後もこれまでに3度、ゲストボーカリストを迎えて再結成されている。
バンド名の由来であるが、ジョン・レノンが結成していた「プラスティック・オノ・バンド」をもじったもので、また、ボーカル(初代)のミカの包丁使いがあまりにサディスティックだったことに由来する[1]。
引用元:サディスティック・ミカ・バンド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%82%AB%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89

「帰ってきたヨッパライ」や「悲しくてやりきれない」といったヒット曲で一世を風靡した「ザ・フォーク・クルセダーズ」が解散した後、加藤和彦は北山修と組んで「あの素晴しい愛をもう一度」を発表、1971年の大ヒット曲になった。同じ年、加藤和彦はつのだひろの協力を得てソロ・アルバム「スーパー・ガス」を制作発表している。つのだひろはすでに当時からよく知られたドラマーだった。この頃から加藤和彦はロックを志向していたのだろう。加藤とつのだのふたりは、当時の加藤和彦夫人だったミカとともに「サイクリング・ブギ」を制作する。「サイクリング・ブギ」は加藤が設立したプライベート・レーベル「ドーナツ・レコード」から1972年にシングルとして発売される。名義は「サディスティック・ミカ・バンド」だった。
引用元:幻想音楽夜話 – [サディスティック・ミカ・バンド / 加藤和彦とサディスティック・ミカ・バンド] http://www.natsuzora.com/wish/impressions/sadisticmikaband-first.html