「藤森成吉」全日本無産者芸術連盟の初代会長

083rptgjcdljat
全日本無産者芸術連盟(ナップ)
の初代委員長を務めた作家で
戯曲『何が彼女をそうさせたか』
で知られるのは誰?
田本幸江成
藤吉隆雄森
藤森成吉(答)
ふじもりせいきち
16%

藤森 成吉(ふじもり せいきち、1892年8月28日 – 1977年5月26日)は、日本の小説家、劇作家。

>東京帝大在学中に執筆した『波』で小説家として広く知られるようになった。1926年以降劇作に転向し『何が彼女をさうさせたか』が話題を呼んだ。社会主義への関心も深め、全日本無産者芸術連盟の初代委員長を務めた。このとき、細井和喜蔵の『女工哀史』の出版にも尽力している。1928年の第16回衆議院議員総選挙に、労働農民党公認で長野3区から立候補したが次々点に終わる。
引用元:藤森成吉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E6%A3%AE%E6%88%90%E5%90%89

ふじもりせいきち【藤森成吉】

1892‐1977(明治25‐昭和52)
作家,劇作家。長野県上諏訪生れ。一高在学中にロシア文学の影響で文学に志し,1913年処女作長編《波》(のち《若き日の苦悩》と改題)で認められる。16年東大卒業,結婚とともに六高講師となるがたちまち辞職,労働生活などを試みる。17年短編《山》,26年農民戯曲《磔茂左衛門》,27年社会戯曲《何が彼女をさうさせたか》を発表,この間に日本社会主義同盟や日本フェビアン協会などとつながりをもつようになり,28年にはナップの初代委員長に就任。
引用元:藤森成吉(ふじもりせいきち)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E8%97%A4%E6%A3%AE%E6%88%90%E5%90%89-124516

全日本無産者芸術連盟(ぜんにほんむさんしゃげいじゅつれんめい)は、プロレタリア文学・芸術運動の組織である。略称(エスペラント表記Nippona Artista Proleta Federacioの頭文字をつないだもの)のNAPF(ナップ)でも知られる。
1927年、プロレタリア文学運動の組織は、分裂した3団体(プロ芸・労芸・前芸)がお互いに対立していた。この状況を打破しようと、1928年、蔵原惟人は、組織はそのままでの連携を呼びかけ、日本左翼文芸家総連合が、3月に結成された。しかし、その直後、三・一五事件と呼ばれる日本共産党への弾圧が起きると、共産党と距離をおいていた労芸は、連携に消極的になった。一方、プロ芸と前芸とは、逆にこの弾圧をきっかけに、分裂状態の解消に動き、組織を合同して、全日本無産者芸術連盟を結成した。
ナップは、機関誌『戦旗』を刊行し、プロレタリア文学の雑誌として、広く読者を獲得した。
引用元:全日本無産者芸術連盟 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%84%A1%E7%94%A3%E8%80%85%E8%8A%B8%E8%A1%93%E9%80%A3%E7%9B%9F

ナップ

全日本無産者芸術団体協議会(ナップ)の機関誌(月刊)。菊判。1930年9月に共産主義芸術を大衆,とくに工場や農村に普及させるために創刊された。その中心人物は蔵原惟人や中野重治らで,小林多喜二,村山知義,佐多稲子,中条(宮本)百合子らが活躍し,青野季吉,葉山嘉樹らの《文芸戦線》派より活況を呈していた。文学に限らず映画,絵画,演劇,音楽に関する論評も多かった。31年11月ナップがコップ(日本プロレタリア文化連盟)に発展解消されたのにともなって廃刊され,《プロレタリア文化》(1936年12月創刊)に引き継がれた。
引用元:ナップ(ナップ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%97-108232#E4.B8.96.E7.95.8C.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E4.BA.8B.E5.85.B8.20.E7.AC.AC.EF.BC.92.E7.89.88