『デルス・ウザーラ』黒澤明監督 アルセーニエフ著 古老ウザーラとの極東冒険譚

033mwcjjxgiqsd
著書『デルス・ウザーラ』で
知られるロシアの探検家
アルセーニエフ(答)
18%

107bauldhyjtwy
1975年度のアカデミー賞
外国語映画賞を受賞した
シベリアを舞台にした
黒澤明監督の映画は?
ザウーデラ・スル
デルス・ウザーラ(答)
Dersu Uzala
36%

『デルス・ウザーラ』(ロシア語: Дерсу Узала、英語: Dersu Uzala)は、1975年公開の黒澤明監督によるソ連・日本の合作映画である。
この映画は1902年から10年のシベリア沿海地方シホテ・アリン地方を舞台にしており、1923年に同タイトル「デルス・ウザラ」で出版されたロシア人探検家ウラディミール・アルセーニエフによる探検記録[1]に基づいている。
「原始的であるはず」のデルス・ウザーラの生き方は、結果的に「文明化された」ロシア人に、人生の意味などの興味深いことを数多く、シンプルかつ的確に示唆した。
引用元:デルス・ウザーラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%A9

河出文庫 ア2-1
デルスーウザーラ01
デルスー・ウザーラ 上
V・アルセーニエフ 著
長谷川 四郎 訳

シベリア・ウスリー地方の探検に同行する原住民の猟師デルスー・ウザーラ――自然の運行を予感し、それにさからわずに生きる彼が、文明に追いつめられ、さびしく死を迎えるまでを哀惜をこめて描きだす。
引用元:デルスー・ウザーラ 上 :V・アルセーニエフ,長谷川 四郎|河出書房新社 http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309461380/

デルスウ・ウザーラ
沿海州探検行
ラジミール・アルセーニエフ 著
長谷川四郎 訳
シリーズ・巻次 東洋文庫 55
沿海州ゴリド族の古老,デルスウ・ウザーラ。かずかずの探検行のなかで,彼が発揮する不思議なカンと超論理的なひととなりの魅力。その悲劇的最期によって,デルスウはソ連児童文学の英雄として親しまれている。
引用元:デルスウ・ウザーラ – 平凡社 http://www.heibonsha.co.jp/book/b161106.html

ゴリド族の古老ウザーラと行く、ロシア人の
極東探検譚。古老の生き方が現代を照射する。
 
>『デルス・ウザーラ』。映画ファンならば、「ああ、あの黒澤明監督の!」という反応が返ってくるはずだ。『どですかでん』の失敗、自殺未遂……。『デルス・ウザーラ』は65歳の黒澤監督にとっての、いわば復帰作だった。
 シベリアのシホテ・アリニ山脈に沿った細長い地域を探検したアルセーニエフが、そのガイドとして交流したのが、先住民の古老デルスウ・ウザーラだ。アルセーニエフは「生涯の大半を極東の探検旅行に過ごした」(ジャパンナレッジ「ニッポニカ」)という作家兼探検家である。

>著者は、ウザーラから哲学的な言説を引き出そうとする。すべてを人格化する彼に、何かあるたびに問う。
 例えば彗星を目にした時。欧州人でも日本人でも、古来より彗星に不吉なものを見てきた。だがウザーラ。
 〈あれはいつも空をいく、人のじゃまをしない〉
 非常に淡々と、ありのままを受け入れているのだ。
 で、アルセーニエフ。さらに聞き出そうと質問。〈太陽とは何かね?〉。返答がふるっている。
 〈あんたみたことないのか。みなさい〉。
 本書自体に書かれている冒険は、危機に次ぐ危機でスリリングだが、ウザーラがこの調子で淡々としているので、ハリウッド映画のような派手さが出ない。ウザーラ自身が自然に身を任せた「サラサラ」した存在なのだ。
引用元:週刊東洋文庫1000:ジャパンナレッジ~『デルスウ・ウザーラ沿海州探検行』(アルセーニエフ著、長谷川四郎訳)~ http://japanknowledge.com/articles/blogtoyo/entry.html?entryid=9

ウラディミール・アルセーニエフ(露: Влади́мир Кла́вдиевич Арсе́ньев, 1872年8月29日 – 1930年9月4日)はロシア極東地域の探検家である。1910から1918年までハバロフスク博物館長をつとめる。また、シベリア植物の数多くの種を書き記した最初の人物であると言われている。アルセーニエフの著書「デルス・ウザラ(英語版)」(ロシア語: Дерсу Узала)に感銘を受けたゴーリキーは、アルセーニエフに手紙を書きロシア国立出版所から出版することを勧める。
引用元:ウラディミール・アルセーニエフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%95