落語『黄金餅』吝嗇な僧侶と強欲な主人公

105fjkbphxzyqy
貯金が趣味で、死んだ後に財産
が他人に渡るのを嫌がる僧侶と
その財産を奪おうとする強欲な
男を描いた落語の演目は?
『黄金餅』(答)
『鰍沢』
『たらちね』
『もう半分』
39%

005BbVrDXFosT
ある人にあくびのやり方を
教わりに行くという内容の
落語の演目は『あくび◯◯』?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
しなん
『あくび指南』
引用元:『あくび指南』落語の演目 http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/8442/

059GkpWxRa
主人公はそそっかしい男
浅草の雷門が舞台
生(行)き倒れた謎の男
「抱いている俺は誰だろう」
『金明竹』
『酢豆腐』
『粗忽長屋』(答)
『火焔太鼓』
引用元:『粗忽長屋』死体を自分と誤認「自分の死体を抱く俺は誰?」 http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/27631/

黄金餅(こがねもち)は、古典落語の演目のひとつ。主に東京で広く演じられる。
>吝嗇家の僧侶の遺産を奪おうとたくらむ主人公の成功を描いた演目である。タブーや道徳を破る複数の登場人物を、観客に陰惨に感じさせずに演じる技能が必要であり、演者特有のキャラクターや語り口によっては演じることが難しいとされる。
引用元:黄金餅 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E9%87%91%E9%A4%85

鰍沢(かじかざわ)は落語の演目のひとつ。東京落語で広く演じられる。
>「この大難を逃れたも、お祖師様のご利益。おザイモク(=お題目)で助かった」
引用元:鰍沢 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B0%8D%E6%B2%A2

たらちねは江戸落語の演目の一つである。漢字表記は『垂乳女』。上方落語で『延陽伯』(えんようはく)という題で演じられているものを東京に移植した。ストーリーは、大家の紹介で妻をもらった八五郎だが、彼女の言葉づかいがあまりにも丁寧なために起きる騒動を描く。
前座噺としても寄席で頻繁に演じられる。
引用元:たらちね – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9F%E3%82%89%E3%81%A1%E3%81%AD

もう半分(もうはんぶん)は、落語の演目の一つ。別名五勺酒(ごしゃくざけ)。主に東京で演じられる。
三遊亭圓朝作の怪談噺。主な演者に5代目古今亭今輔、5代目古今亭志ん生らが知られる。

>ある夫婦は、永代橋(千住大橋とも)のそばで小さな注ぎ酒屋(=店内で飲ませるサービスを行っている酒店)を営んでいる。そこへ、60才を過ぎたと思われる行商の老人が毎晩やって来る。老人は、1合の酒を一度に頼まず、まず「(一合枡に)半分だけお願いします」と5勺だけの酒を注文し、それを飲み終わると「もう半分」と言ってまた5勺を注文する、という変わった酒の飲み方をしていた。店主が理由をたずねると、老人は「その方が勘定が安くなり、量を多く飲んだ気がするからだ」と言う。
引用元:もう半分 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%82%E3%81%86%E5%8D%8A%E5%88%86