『スーサイド・スクワット』減刑条件で危険任務 DCコミックスの悪役キャラ

153DXJwQKAGNRc
DCコミックスの悪役キャラを
主人公にした2016年公開の映画は
『◯◯◯◯◯・スクワット』
◯を答えなさい
スーサイド(答)
『スーサイド・スクワット』
29%

『スーサイド・スクワッド』(原題:Suicide Squad)とは、デヴィッド・エアー監督・脚本、チャールズ・ローヴェン・リチャード・サックル製作による2016年公開のアメリカ映画。
DCコミックスが刊行する同名の漫画シリーズの実写映画化作品で、様々なDCコミックスの映画作品を、同一の世界を舞台にした作品群として扱う『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズとしては3番目の作品である。
>あらすじ[編集]
死刑や終身刑となって服役していた悪党達がアメリカ政府の高官アマンダ・ウォーラーの提案で、減刑と引き換えに危険なミッションを遂行する特殊部隊「スーサイド・スクワッド」として招集された[1][2]。
引用元:スーサイド・スクワッド (映画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%83%83%E3%83%89_(%E6%98%A0%E7%94%BB)