「菜の葉」「桜」童謡『ちょうちょう』

138FZjwden
次のうち、童謡『ちょうちょう』
の歌詞で、蝶々に止まれと
いっている植物を1つ選びなさい
すみれ

菜の葉(答)
ゆり
水仙
桜(答)
57%

『ちょうちょう』は、欧米各国に伝わる童謡に日本で独自の歌詞を付けた唱歌。
>ドイツの古い童謡「Hänschen klein」(訳:「幼いハンス」)という曲が原曲とされている[1]。
これはドイツ東部・ドレスデンの教師だったフランツ・ヴィーデマン(Franz Wiedemann, 1821年 – 1882年)が作詞したものである。この歌詞には、子供たちに別離・出発・悲しみからの回復を経験させるという教育上の目的があった。1番で幼い「ハンスちゃん」(Hänschen)が旅に出て母親が見送り、2番で7年の放浪と遍歴の末に「ハンスちゃん」は日焼けした大人の「ハンス」(Hans)へと変わり、3番ですっかり大きくなったハンスが故郷に戻り、あまりの変わり様にだれにもハンスだと分かってもらえないが、再会した母親はすぐにハンスだと分かってくれた、という内容であった。そのモチーフは、ヨハン・ネポムク・フォーゲル(Johann Nepomuk Vogl, 1802年 – 1866年)の書いた、旅する男がついに母親のもとへと帰ってくるという詩『Das Erkennen』と共通するところがある[2]。
>1947年の改作[編集]
現在、広く知られているバージョンは太平洋戦争終結後の1947年(昭和22年)に文部省が発行した『一ねんせいのおんがく』において野村が作詞した原曲を改作すると共に2番以下を廃止したものである。この改作に関しては「栄ゆる御代に」はGHQが教育現場からの排除を主張していた皇室賛美と取られるフレーズであること、2番以下の廃止は表題の「ちょうちょう」と無関係な鳥や昆虫に関する描写を排除して曲の主題を明確にしたものと解されている。
(1947年改作版)
ちょうちょう ちょうちょう 菜の葉にとまれ
菜の葉にあいたら 桜にとまれ
桜の花の 花から花へ
とまれよ遊べ 遊べよとまれ
引用元:ちょうちょう (唱歌) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%86_(%E5%94%B1%E6%AD%8C)