「チャダ」『面影の女(ひと)』がヒットしたインド人演歌歌手

042CcqaudR
CIMG2914fFMxjTRCehtC
デビュー曲『面影の女』が
1975年に日本でヒットした
インド人歌手は◯◯◯?
◯を答えなさい
チャダ(答)
55%

チャダ(Chadha、本名:サラブジット・シング・チャダ、ローマ字:Sarbjit Singh Chadha、1952年6月17日 – )は、日本で活動するインド人演歌歌手。実業家。
>世界初のインド人演歌歌手[編集]
ミカンの栽培技術を学ぶため兄弟等とともに16歳で訪日する、日本で聴いた演歌に惚れ込み、九州の放送局が開催したのど自慢大会で優勝。歌手を志すも就労ビザの関係で一度帰国。帰国後は翻訳家をしながら再訪日を模索。たまたま出会った日本人の紹介でへび使い、女性の踊り子2人を連れて再訪日し福井の東尋坊でショーとして出演。そこも辞め再度帰国し翻訳家を再開。その後違う日本の芸界の紹介で再々訪日、音楽の道を志すようになる。日本テレビのバラエティ番組『金曜10時!うわさのチャンネル!!』への出演で人気を博し、1975年8月に「世界初のインド人演歌歌手」としてデビューした。
シーク教徒らしいターバン姿と、北島三郎直伝のその完璧な日本語による歌唱のギャップで、10万枚以上を売り上げるヒットとなり、様々な音楽賞の新人賞を受賞した。当時は大橋巨泉事務所(現「オーケープロダクション」)に所属していた。
引用元:チャダ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%80

チャダ(CHADHA) 1952年6月17日生まれ

日本テレビ「金曜10時!うわさのチャンネル!!」をはじめ多くのテレビ出演で人気を博し、1975年8月”インド人演歌歌手”として「面影の女(ひと)」でビクターレコードよりデビュー。

シーク教徒の象徴であるターバン姿と完璧な日本語、そして高い歌唱力で演歌を歌う事により話題となり10万枚以上の大ヒットにつながった。
引用元:世界初のインド人演歌歌手 チャダ Official WebSite http://www.naripro.co.jp/chadha/profile.html