カール・オルフ『カルミナ・ブラーナ』『アフロディーテの勝利』『カトゥーリ・カルミナ』

403jDfCEaq
次のうち、ドイツの作曲家
カール・オルフの作品を
1つ選びなさい
カルミナ・ブラーナ(答)
グノシェンヌ「エリック・サティ」
アフロディーテの勝利(答)
ハンマークラヴィーア「ベートーヴェン」
ピーター・グライムズ「ベンジャミン・ブリテン」
ラ・カンパネラ「フランツ・リスト」
カトゥーリ・カルミナ(答)
ユーモレスク「ドヴォルザーク」
45%

CIMG2843LyAlJvkSJHvk
『ひからびた胎児』
『官僚的なソナチネ』
『ヴェクサシオン』
『ジムノペディ』
グスタフ・マーラー
ジュール・マスネ
エリック・サティ(答)
ドビュッシー
引用元:スクリャービン「神秘和音」『法悦の詩』『プロメテウス』 ヤナーチェク『利口な女狐の物語』 リムスキー=コルサコフ『サトコ』 エリック・サティ『ひからびた胎児』 http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/5889/

カール・オルフ(Carl Orff、1895年7月10日 – 1982年3月29日)は、ドイツの作曲家。ミュンヘンに生まれ、同地で没した。
カール・オルフは作曲家としてジャンルを特定させない特異性を持っていた。彼の作風は独自のジャンルを作り出しているからである。オルフ自身は、自分の音楽劇を、しばしば『世界劇』(„Welttheater“又は „Theatrum Mundi“) と呼んでいた[1]。
>カルミナ・ブラーナの成功[編集]
1937年6月8日、フランクフルト・アム・マインの市立劇場で初演された「カルミナ・ブラーナ」 (Carmina Burana) は大成功を修めドイツ各都市で上演された。
しかし、第2次世界大戦の勃発によってドイツと他国との文化の交流が断絶したため、カール・オルフの名は同世代のイベール (1890-1962)、プロコフィエフ (1891-1953)、オネゲル (1892-1955)、ミヨー (1892-1974)、ヒンデミット (1895-1963) 等よりも国外で知られるようになるのは遅かった。結局国際的に名が知られるようになったのは1954年で、オルフが59歳頃でレコード化された後である。カルミナ・ブラーナの成功によって自信を得たオルフは、出版社ショットに寄せた手紙の中で、「今までの作品すべて破棄して欲しい。と言うのは私にとってカルミナ・ブラーナが本当の出発点になるからである」と記している。
引用元:カール・オルフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%83%95