わきやまきみこ「分山貴美子」口笛演奏家

015ARtJQJz
2008年にメジャーデビューを
果たした女性口笛演奏家
分山貴美子
わきやまきみこ(答)
25%

分山貴美子(わきやま きみこ、英: Kimiko Wakiyama、1972年6月 – )は、日本の口笛演奏家・作曲家・ピアニスト・ウクレレ演奏家である。
>幼少期に、自宅で飼っていたセキセイインコのさえずりを真似て、口笛を吹き始める。
国立音楽大学在学中、ピアノを弾きながら口笛を吹く「弾き吹き」で、本格的に口笛演奏を始める。口笛のプロになるきっかけは、卒業後の進路について先輩に相談した際、何が得意なのかと問われて「口笛なんですけど」と答えたことだという。因みに相談した「先輩」とは渡辺雄一(盲導犬クイールの一生などの音楽を担当)であるという(オフィシャルホームページの日記2009.7.19の記述より)。
引用元:分山貴美子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%86%E5%B1%B1%E8%B2%B4%E7%BE%8E%E5%AD%90