「ネオレアリズモ」第二次大戦後のイタリア映画界の傾向

128lpYiJIl
1940年代から1950年代にかけて
イタリア映画界に起きた運動
ネオレアリズモ(答)
Neorealismo
29%

ネオレアリズモ(イタリア語: Neorealismo)とはイタリアにおいて、1940年代から1950年代にかけて特に映画と文学の分野で盛んになった潮流。イタリア・ネオリアリズムとも言われる。
リアリズムの方法で現実を描写する傾向は、当時のイタリアで支配的だったファシズム文化への抵抗として、また頽廃主義の克服として、1930年代ごろすでにあらわれ始めた新たな社会参加から生まれた。知識人は歴史的責任を自ら引き受けなければならず、人々の要求を代弁しなければならないという考え方が、この時期広まっていた。このため、ネオレアリズモの作家・映画人たちは、日常語を模範とした平易で直接的な言語を採用した。
引用元:ネオレアリズモ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A2

ネオレアリズモ(〈イタリア〉neorealismo)

《「ネオリアリズモ」とも》第二次大戦直後に現れたイタリア映画の新しい傾向。現実を客観的に凝視し、ドキュメンタリー風に描写した。ロッセリーニ「無防備都市」「戦火のかなた」、デ=シーカ「自転車泥棒」など。新現実主義。
引用元:ネオレアリズモ(ネオレアリズモ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A2-594635