『ポーギーとベス』ガーシュイン『ペレアスとメリザンド』メーテルリンク

036gWmqIak
037tfdZxXM
ベートーベンが手がけた
唯一のオペラ作品は
『フィデリオ』ですが

ジョージ・ガーシュウィンが
手がけた唯一のオペラ作品は?
『ペレアスとメリザンド』 メーテルリンク
『ホフマン物語』 オッフェンバック
『フィデリオ』 ベートーベン
『ポーギーとベス』(答)
40%

『ポーギーとベス』(あるいは『ポギーとベス』、Porgy and Bess)は、アメリカの作曲家ジョージ・ガーシュウィンが死の2年前にあたる1935年に作曲した3幕9場からなるオペラである。様式から言うとミュージカルの先駆的な存在である。1920年代初頭の南部の町に住む貧しいアフリカ系アメリカ人の生活を描いており、ジャズや黒人音楽のイディオムを用いて作曲されている。登場人物は1人の白人を除き全て黒人である。
引用元:ポーギーとベス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%81%A8%E3%83%99%E3%82%B9

『ペレアスとメリザンド』(Pelléas et Mélisande )は、ベルギーの劇作家モーリス・メーテルリンクが書いた戯曲。フランス語で書かれ、1892年にブリュッセルで出版された後、翌1893年にパリで初演[1]。された。
引用元:ペレアスとメリザンド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%81%A8%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%89

ホフマンものがたり【ホフマン物語 Les contes d’Hoffmann】

フランスの作曲家J.オッフェンバックが作曲したプロローグとエピローグをもつ3幕のオペラ。J.バルビエとM.カレーの台本により,ドイツ・ロマン派の作家で作曲家のE.T.A.ホフマンの小説のいくつかから自由に題材をとって作られている。主人公のホフマンを中心に三つの恋の物語を展開するという筋で,ニュルンベルクのとある酒場を舞台に繰り広げられる。この作品は作曲者の死により未完に終わったが,ギローErnest Guiraud(1837‐92)の補筆により完成され,1881年2月10日,パリのオペラ・コミック劇場で初演された。
引用元:ホフマン物語(ホフマンものがたり)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%9B%E3%83%95%E3%83%9E%E3%83%B3%E7%89%A9%E8%AA%9E-133991