スターウォーズEP1『ファントム・メナス』EP2『クローンの攻撃』EP3『シスの復讐』EP4『新たなる希望』EP5『帝国の逆襲』EP6『ジェダイの復讐』

006LMWfccy
次の映画『スター・ウォーズ』
シリーズとその副題の
正しい組み合わせを選びなさい
エピソード3───シスの復讐
エピソード6───ジェダイの帰還
エピソード2───クローンの攻撃

エピソード1───ファントム・メナス
エピソード4───新たなる希望
エピソード5───帝国の逆襲
56%

『スター・ウォーズ』(STAR WARS)シリーズは、ジョージ・ルーカスの構想・製作総指揮と、ルーカスフィルム社の制作によるアメリカの映像作品[1]である。
>シリーズ構成
本シリーズの実写映画本編は、生みの親である監督ジョージ・ルーカスの下、複数のエピソードにより綴られるサーガの形式を採っている。現時点では、3世代の3人の主人公により紡がれる、3つの3部作からなる「全9部作」を予定している。エピソード番号は、原題ではローマ数字を採用しているが、邦題ではアラビア数字を採用している。
映画が『エピソード1/ファントム・メナス』からではなく『エピソード4/新たなる希望』から制作されたのは、まずは一作目が商業的に成果を収めねばシリーズ化が望めず、更に一番“冒険活劇”としての完成度の高かった『エピソード4』を最初に世に出すことが得策だったためである。また『エピソード1・2・3』の時代は、全銀河の首都である大都市惑星コルサントの描写や、銀河共和国と分離主義勢力の間で起こった大規模戦争であるクローン大戦の描写が必須にも関わらず、当時の映像技術と予算では映画化が不可能であったためである[3]。
>実写映画本編(劇中の時系列順)
以下に本シリーズの本編となる実写映画作品を、劇中の時系列順で記述する。3世代の3人の主人公により紡がれる、3つの3部作からなる「全9部作」で構成されている。
プリクエル・トリロジー(アナキン・スカイウォーカー3部作、新三部作とも)
『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999年公開/3D版:2012年公開)
『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002年公開)
『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005年公開)
オリジナル・トリロジー(ルーク・スカイウォーカー3部作、旧三部作とも)
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年公開/特別篇:1997年公開)
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980年公開/特別篇:1997年公開)
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還[※ 1]』(1983年公開/特別篇:1997年公開)
シークエル・トリロジー(レイ3部作、続三部作とも)
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒(エピソード7)』(2015年公開)
『スター・ウォーズ エピソード8(仮)』(2017年12月15日公開予定[6])
『スター・ウォーズ エピソード9(仮)』(2019年公開予定[7])
引用元:スター・ウォーズ・シリーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA

遠い昔、はるか彼方の銀河系で繰り広げられる壮大なスペース・サーガ「スター・ウォーズ」の序章。「スター・ウォーズ(エピソード4 新たなる希望)」(77)「同 エピソード5 帝国の逆襲」(80)「同 エピソード6 ジェダイの復讐」(83)の三部作(「特別篇」公開は97年)の前史の序章にあたり、アナキン・スカイウォーカー(=ダース・ヴェイダー)の若き日を描く。シリーズの生みの親であるジョージ・ルーカスが77年の第1作以来22年ぶりに、自身のルーカス・フィルムの単独資本により、監督・脚本・製作総指揮を一手に手掛け、巨大プロジェクトの実現を果たした。
引用元:スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス | Movie Walker http://movie.walkerplus.com/mv31077/

エピソード1より10年後。オビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)と、彼の熟達したジェダイの弟子へと成長したアナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン)は、いまや高名な元老院議員となったパドメ・アミダラ(ナタリー・ポートマン)と久々に再会。パドメは暗殺の標的にされているのだが、その謎を突きとめようと、オビ=ワンは銀河の辺境へと旅立つ。
引用元:スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 | Movie Walker http://movie.walkerplus.com/mv32230/

全銀河を揺るがすクローン戦争も最後の大詰め。オビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)とアナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン)は、ドロイド軍の人質となったパルパティーン最高議長(イアン・マクダーミド)を救出する命懸けの任務を遂行する。
引用元:スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 | Movie Walker http://movie.walkerplus.com/mv34471/

 1977年(日本は一年遅れの78年)公開の「スター・ウォーズ」20周年を記念して製作された特別篇。未発表シーンとCGによる新撮シーンを加え、画質・音楽・音響共にデジタル加工を施している。オリジナル版との違いは細かいところまで見ると多々あるが、モス・アイスリー宇宙港の描写など世界観の強化を助けているシーンが多い。特に「スター・ウォーズ/ジェダイの復讐」で初登場したジャバ・ザ・ハットがハン・ソロとからむシーン(傍らにボバ・フェットまで立っている!)などはSFX技術の凄さを痛感せざるをえない。クライマックスのデス・スター攻撃シーンも大幅にパワーアップされており、映画としての充足度もますます上がった。
引用元:映画 スター・ウォーズ 特別篇 – allcinema http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=54721

公開20周年を祝って製作された「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」のスペシャル・エディション。主に修正されたのは、合成の粗さが目立ってしまった氷の惑星ホスでのシーンをCGを使ってよりリアルにしたこと。また以前はマット・ペインティングがばればれだった雲の惑星ベスピンのクラウド・シティもCGに書き替えられ、「スター・ウォーズ 特別篇」同様に世界観の強化が図られている。
引用元:映画 スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇 – allcinema http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=54722

前2作に引き続き、第二部完結編である「スター・ウォーズ/ジェダイの復讐」を追加シーンやデジタル処理で修正したスペシャル・エディション。主な修正箇所は、ジャバ宮殿のバンド演奏を増やしてダンサーを加え、より豪華さを出したこと。砂漠でルークたちを飲み込もうとした怪獣サーラックの描写を増やしたこと。そして、正直言っていまいち盛り上がらなかったラスト・シーンに、戦勝パーティを付け加えている。これで第二部の3本全てのお色直しが完了し、シリーズはいよいよ第一部エピソード1の製作に入る。
引用元:映画 スター・ウォーズ/ジェダイの復讐 特別篇 – allcinema http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=54723