『レッズ』ウォーレン・ベイティ主演 ロシア革命を題材にジョン・リードの半生を描く『世界をゆるがした十日間』

198vdLvFYI
1917年のロシア革命を題材にした
1981年にウォーレン・ベイティが
主演した映画は『◯◯◯』?
◯を答えなさい
レッズ(答)

名門ハーバード大学卒業後、ジャーナリストの道に入ったジョン・リード(ウォーレン・ベイティ)は、第1次世界大戦のさなかヨーロッパで火の手が上がった国際労働者同盟の闘争に接して、初めて政治運動に目覚めた。アメリカがこの戦いに参戦すべきかどうか、知識人に深刻な問題を投げかけていたが、リードは断固反対の態度をとり、雑誌『民衆』に寄稿を続けていた。ジョンが人妻のルイズ・ブライアント(ダイアン・キートン)と知り合ったのは1915年、彼女も女性解放問題を抱え、現実との板挟みに悩んでいた。
引用元:レッズ | Movie Walker http://movie.walkerplus.com/mv9671/

 ビーティが製作・脚本・監督・主演の四役をこなす意欲作で、好色漢として以上に?リベラル派として名高い彼らしく、テーマは、ロシア革命に立ち合い、歴史的なルポ『世界をゆるがした十日間』を著したジョン・リードの生涯。高まる労働運動の中、政治意識に目覚める新聞記者リード。第一次大戦からロシア革命–という激動のヨーロッパを肌で感じ取り、アメリカでも共産主義運動を広めようとするが、既に大資本主義国家として揺るぎなく屹立したかに見えた祖国で、彼の闘争は空しく映った……。
引用元:映画 レッズ – allcinema http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=25332#1

『レッズ』(Reds)は、1981年に製作されたアメリカ映画である。 1917年に起きたロシア革命とその革命を記録したアメリカ人ジャーナリスト、ジョン・リードの半生を描いている。
主演のウォーレン・ベイティが製作、監督、脚本も手掛け、1981年度アカデミー賞で最優秀監督賞(ウォーレン・ベイティ)、最優秀助演女優賞(モーリン・ステイプルトン)、最優秀撮影賞(ヴィットリオ・ストラーロ)を受賞。
引用元:レッズ (映画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BA_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

ジョン“ジャック”サイラス・リード(John “Jack” Silas Reed、1887年10月22日 – 1920年10月19日)は、アメリカ合衆国出身のジャーナリストおよび活動家。
>リードは第一次世界大戦中のヨーロッパでロシア革命の始まりを聞き、1917年にロシアへ向かった。彼は自身の体験やウラジーミル・レーニンへのインタビューなどをロシア革命のルポルタージュとしてまとめ、『世界を揺るがした十日間』を刊行した。この書には後にレーニン夫妻(ウラジーミル・レーニンとナデジダ・クルプスカヤ)が序文を寄せ、「世界の労働者達に無条件で推薦する」と賞賛した。
>1981年の映画『レッズ』は、彼の後半生を描いている。
引用元:ジョン・リード – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89

ジョン・リード
原 光雄 訳
アメリカの急進的な雑誌ザ・マッセズの通信員として,一九一七年にペトログラードに滞在していたジョン・リード(一八八七‐一九二〇)が,十一月にそこで目撃した激烈な歴史的事件――ロシア革命――の真相を克明に綴ったルポルタージュ文学の古典.豊富な資料を駆使した迫真のドキュメントで,クループスカヤ,レーニンが序文を寄せている.
引用元:世界をゆるがした十日間 https://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/34/7/342021+.html