『乱暴と待機』2016芥川賞作家本谷有希子原作の映画 富永昌敬監督

069kJbLOBZ

浅野忠信が演じる覗き男など
怪しい男女が繰り広げる人間劇を
描いた、2010年に公開された
富永昌敬の映画は?
暴室な待散
乱人は逃難
殺力の解亡
乱暴と待機(答)
15%

『乱暴と待機』(らんぼうとたいき)は、劇作家・本谷有希子が2005年に発表した戯曲、及びそれを原作とした関連作である。2008年2月に小説版が刊行され、2010年10月に映画版が公開された。
引用元:乱暴と待機 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%B1%E6%9A%B4%E3%81%A8%E5%BE%85%E6%A9%9F

本谷 有希子(もとや ゆきこ、1979年7月14日 – )は、日本の劇作家、小説家。演出家、女優、声優なども兼ねる。石川県出身。「劇団、本谷有希子」主宰。
>2007年、『遭難、』で第10回鶴屋南北戯曲賞を史上最年少で受賞、小説『生きてるだけで、愛。』が第20回三島由紀夫賞候補となる。同年『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』が佐藤江梨子主演で映画化された。
2008年、小説『遭難、』で第21回三島由紀夫賞候補となる。
2009年、「幸せ最高ありがとうマジで!」で第53回岸田國士戯曲賞(白水社主催)を受賞。同年、「あの子の考えることは変」で第141回芥川賞候補となる。同年10月には雑誌『VOGUE』により、日本を代表する女性10人を選ぶ『ヴォーグ ニッポン ウィメン・オブ・ザ・イヤー2009』を受賞。
>2016年、小説『異類婚姻譚』で第154回芥川龍之介賞受賞。笙野頼子、鹿島田真希に続いて3人目の純文学新人賞三冠作家となる。
引用元:本谷有希子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E8%B0%B7%E6%9C%89%E5%B8%8C%E5%AD%90

rzsQARB
妹”を覗く男。“復讐”を待つ女

■ポイント

●2010年10月9日の映画公開にさきがけ、文庫化!●芥川賞ノミネート2回、演劇界の直木賞といわれる鶴屋南北戯曲賞を最年少で受賞し、ついに昨年は岸田國士戯曲賞を受賞するなど、演劇界、小説界で今最も注目を集めている気鋭の若手クリエイター・本谷有希子の舞台作を、本人自ら小説化した話題作。恋愛以上に切実で胸にせまる、男と女の濃密な関係を描いた物語。●今までの本谷作品の中でも、特にエンターテインメント性の高い作品となっており、読み手を選ばない。本谷作品を初めて読むひとにもオススメです。

■内容

二段ベッドが置かれた、陰気な借家に同居する“妹”こと奈々瀬と“兄”英則。奈々瀬は家にこもり、「あの日」から笑顔を見せなくなった“兄”を喜ばせるため日々「出し物」のネタを考えながら、英則からこの世で最も残酷な復讐をされる日を待ち続けている。一方、英則はそんな“妹”を屋根裏に潜り込んでは覗く、という行為を繰り返していた……。
引用元:乱暴と待機【MF文庫ダ・ヴィンチ】 | 文芸・小説・エッセー | 株式会社KADOKAWA メディアファクトリー http://mediafactory.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0&pid=9784840134996&vid=&cat=&swrd=%e6%9c%ac%e8%b0%b7%e6%9c%89%e5%b8%8c%e5%ad%90