『俺たちの朝』鎌倉の極楽寺駅 勝野洋主演 オッス、チュー、カーコ

079FDxNPJl
舞台は鎌倉
小倉一郎、秋野太作、長谷直美
オッス、チュー、カーコ
主演は勝野洋
『俺たちの旅』
『俺たちの朝』(答)
『俺たちの祭』
『俺たちの勲章』
34%


ヒロインを演じたのは檀ふみ
主人公は劇団員
堀奈津子、三ツ木清隆、角野卓造
主演は中村雅俊
『俺たちの祭』(答)

連想
北村和夫、柳生博、坂口良子
中野裕二と五十嵐貴久
主演は松田優作と中村雅俊
主人公は2人の刑事
俺たちの勲章(答)

連想
カースケ、オメダ、グズ六
たちばな荘
ヒロインを演じたのは金沢碧
中村雅俊、田中健、秋野太作
『俺たちの旅』(答)

『俺たちの朝』(おれたちのあさ)は、日本テレビと東宝が制作した青春ものテレビドラマ。1976年10月17日から1977年11月13日まで、日本テレビ系列で日曜日20時から1時間枠で放送された。全48回。
刑事ドラマ『太陽にほえろ!』のテキサス刑事役を降板した勝野洋の次回作であり、初の主演作。そして、前番組であった中村雅俊主演『俺たちの旅』の人気を引き継ぎ、当初は全13話の予定だったが全48話一年間のロングランとなった。
>1970年代後半から1980年代前半頃まで、神奈川県鎌倉のイメージに強い影響をもたらしたドラマである。ドラマの舞台となった古都・鎌倉が見直されて、放映中からドラマに喚起された若者の観光名所となり、とりわけ、主人公達が住んでいる設定の江ノ島電鉄・極楽寺駅周辺は連日の賑わいであった。江ノ島電鉄線は本ドラマの舞台になったことで、1960年代からモータリゼーションの影響で利用者が激減、廃線寸前という状況を脱した[1]。
>修学院大学を中退した修治(オッス)とオッスの友人で在学中の勇夫(チュー)は、都内の下宿先を追い出され、偶然会ったオッスの幼友達で先輩でもある太作(ヌケ)を追って、居を求めてチューと2人でリヤカーを引き鎌倉まで行く。そして、そこで知り合った東京美術大学学生の麻子(カーコ)と3人で奇妙な共同生活を始めることになる。
引用元:俺たちの朝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%BA%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E6%9C%9D

江ノ電が今年9月1日、開業110周年を迎える。藤沢駅から鎌倉駅まで、10キロ15駅を34分で結ぶ。江の島や鎌倉といった観光地を走り、1日平均4万人以上の利用客がある。

 湘南の海岸線や民家の軒先すれすれに走る電車として、いまやすっかり人気の路線だが、1960年代からモータリゼーションの影響から利用者が激減、廃線寸前という状況だった。

 その危機を救ったのが、76(昭和51)年に日本テレビ系で放送された、江ノ電極楽寺駅を舞台とした「俺たちの朝」と翌年のNHK「新日本風土記」の「湘南・電車通り」という紀行番組だった。
引用元:【はじめて物語】“江ノ電”廃線危機救った「俺たちの朝」 – 政治・社会 – ZAKZAK http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120828/dms1208280740004-n1.htm