町田義人まちだよしと 『戦士の休息』 『野生の証明』の主題歌

118HItOWWJeZv
高倉健主演の映画『野生の証明』
の主題歌『戦士の休息』を
1978年にヒットさせた歌手は?
町村義田明
人保久和彦
町田義人(答)

町田 義人(まちだ よしと、1946年9月21日 – )は、日本のグループ・サウンズ出身の歌手である。
>高知県出身。「キャッスル&ゲイツ」を経て、成城大学在学中の1968年に「ズー・ニー・ヴー」を結成、ボーカルを務める。「ズー・ニー・ヴー」はR&B路線の強いバンドだったが、「白いサンゴ礁」のヒットで注目を集める。
1970年にズー・ニー・ヴーを脱退し、ソロに転向。テレビCM曲を7〜8年間で400〜500本歌う。1978年公開の映画『キタキツネ物語』において、同作品の音楽担当だったタケカワユキヒデに指名される形で、主題歌「赤い狩人」を歌う。同年、ニット帽にサングラスというスタイルで角川映画『野性の証明』の主題歌「戦士の休息」を歌い、オリコン最高位6位、累計売上29.5万枚を記録した[1]。累計売上85万枚とする報道もある[2]。
引用元: 町田義人 – Wikipedia.

映画『野性の証明』より “戦士の休息”
引用元: 映画『野性の証明』より "戦士の休息" – YouTube.

『野性の証明』(やせいのしょうめい)は、森村誠一の小説、およびその小説を原作として1978年10月7日に公開された日本映画。また、1979年1月から3月にかけて毎日放送制作TBS系列にてテレビドラマ版が放映された。
東北の寒村で大量虐殺事件が起こる。その生き残りの少女と、訓練中、偶然虐殺現場に遭遇した自衛隊員。この二人を主人公に、東北地方の都市を舞台にした巨大な陰謀を描く。
>『人間の証明』に続き、森村誠一が角川春樹の依頼により映画化を前提として執筆した原作を、角川書店が映画化。原作には無かった主人公と自衛隊との戦闘シーンが作品後半に追加された。薬師丸の「お父さん、怖いよ。何か来るよ。大勢でお父さんを殺しに来るよ」の台詞はTVCMで流された。
引用元: 野性の証明 – Wikipedia.