『必殺』殺し屋レギュラー「宅麻伸」「中村雅俊」「松岡昌宏」「沖雅也」

147ShSlVBn
次のうち
時代劇『必殺』シリーズに
殺し屋役でレギュラー出演した
人物を全て選びなさい
宅麻伸(答)『必殺橋掛人』新吉
江守徹
小林桂樹
21%

京本政樹(答)『必殺仕事人V』組紐屋の竜
中村雅俊(答)『必殺渡し人』惣太
松岡昌宏(答)『必殺仕事人2007』経師屋の涼次
沖雅也(答)『必殺仕置人』棺桶の錠
柴俊夫(答)『必殺仕事人V・激闘編』壱
滝田栄(答)『必殺仕事人・激突!』山田朝右衛門
宮内洋(答)『助け人走る』島帰りの龍
森田健作(答)『必殺からくり人』仕掛の天平
梅宮辰夫(答)『江戸プロフェッショナル・必殺商売人』新次
三浦友和(答)『必殺仕事人V・風雲竜虎編』かげろうの影太郎
村上弘明(答)『必殺仕事人V』花屋の政
高橋英樹
藤岡弘、
宇津井健
佐藤浩市
江口洋介
平幹二朗

選択肢のセットが違う、同文章の問題が複数あるようです。

必殺シリーズ(ひっさつシリーズ)は、ABC[注 1]と松竹京都映画撮影所(現・松竹撮影所)が制作している時代劇シリーズおよび、関連した映画や舞台の総称である。
テレビ朝日系(1975年3月まではTBS系)で放送されている。
>池波正太郎の小説『仕掛人・藤枝梅安』『殺しの掟』などを原作とした『必殺仕掛人』に始まる一連のテレビシリーズおよびその派生作品の総称で、金銭をもらって弱者の晴らせぬ恨みを晴らすために裏の仕事を遂行していく者たちの活躍と生き様を描く。主人公たちの多くは表向きはまともな職業についているが、ひとたび依頼を受けると各々の商売道具を使って裏稼業を敢行する。多くは暗殺であるが、初期には必ずしも殺すとは限らず、暗殺者というよりも弱者の復讐代行という面が強かった。『必殺仕掛人』は原作付、『助け人走る』は原案付だが、それ以外は完全なオリジナルとなっている。
従来の勧善懲悪を旨とする時代劇とは異なり、主人公側の扱いは基本的に善ではなく、あくまで金のために殺人を行う悪である。また、「どう理屈をつけようと所詮殺しは悪であり、自分達が「正義の味方」にならないよう敢えて金をとっている」とも語られている。ただし、あくまで「晴らせぬ恨みを晴らす」「世のため人のため」という信念と、不審な点があった場合には調査による裏付けを取った上で行われている。
引用元:必殺シリーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%85%E6%AE%BA%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA