「柳原白蓮」駆け落ち「白蓮事件」『真珠夫人』のモデル

083acZbXkb
大正三美人の1人
大正天皇の従妹
菊池寛『真珠夫人』のモデル
駆け落ち事件で話題に
江木欣々 えぎきんきん
九条武子 くじょうたけこ
川上貞奴 かわかみさだやっこ
柳原白蓮(答)やなぎわらびゃくれん
54%

柳原 白蓮(やなぎわら びゃくれん、1885年(明治18年)10月15日 – 1967年(昭和42年)2月22日)は、大正から昭和時代にかけての歌人。本名は宮崎燁子(みやざきあきこ)、旧姓:柳原(やなぎわら)、北小路(きたこうじ)、伊藤(いとう)。大正三美人の1人。白蓮事件で知られる。
父は柳原前光伯爵。母は前光の妾のひとりで、柳橋の芸妓となっていた没落士族の娘[注釈 1]奥津りょう。東京に生まれた。
大正天皇の生母である柳原愛子の姪で、大正天皇の従妹にあたる。
引用元:柳原白蓮 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E5%8E%9F%E7%99%BD%E8%93%AE

白蓮事件(びゃくれんじけん)とは、大正時代の1921年(大正10年)10月20日、福岡の炭鉱王・伊藤伝右衛門の妻で、歌人として知られる柳原白蓮(伊藤燁子「あきこ」)が、滞在先の東京で出奔し、社会運動家で法学士の宮崎龍介と駆け落ちした事件。新聞紙上で妻白蓮から夫への絶縁状が公開され、それに対して夫・伝右衛門から反論文が掲載されるマスコミのスクープ合戦となり、センセーショナルに報じられた。
引用元:白蓮事件 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E8%93%AE%E4%BA%8B%E4%BB%B6

九条 武子(くじょう たけこ、1887年(明治20年)10月20日 – 1928年(昭和3年)2月7日)は、教育者・歌人、後年には社会運動活動家としても活躍した。
>武子は才色兼備としてもてはやされ、柳原白蓮(大正天皇生母・柳原愛子の姪)、江木欣々とともに大正三美人と称された。
私生活では1909年(明治42年)9月、公爵家出身で正金銀行勤務・男爵九条良致(くじょう・よしむね)に嫁いだ。良致は武子の兄・光端の妻・籌子の弟。この結婚は、西本願寺大谷家300年の歴史において、当家の女性が信徒でない者と結婚する初めての例となった[1]。
引用元:九条武子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E6%9D%A1%E6%AD%A6%E5%AD%90

江木 欣々(えぎ きんきん、1877年(明治10年)1月30日 – 1930年(昭和5年)2月20日)は、明治期の法律学者・江木衷の妻。本名は栄子。号を欣々、または欣々栄と称した。生年は1879年(明治12年)説(墓誌)がある。父は関新平、母は藤谷花(花子とも。麹町の袋物屋「大和屋」の娘)。異父弟にシャープ創業者の早川徳次、異母妹に、ませ子がいる。
九条武子、柳原白蓮と並んで大正三美人と称された。
引用元:江木欣々 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E6%9C%A8%E6%AC%A3%E3%80%85

川上 貞奴(かわかみ さだやっこ、本名 川上 貞(旧姓:小山)、明治4年7月18日(グレゴリオ暦1871年9月2日) – 昭和21年(1946年)12月7日)は、戦前の日本の女優。
引用元:川上貞奴 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E4%B8%8A%E8%B2%9E%E5%A5%B4