おおぐりひろし「大栗裕」浪速のバルトーク

053wzzswbb
「浪速のバルトーク」と呼ばれた
クラシック音楽の作曲家です
大栗裕
おおぐりひろし(答)
38%

大栗 裕(おおぐり ひろし、1918年7月9日 – 1982年4月18日)は、日本のクラシック音楽の作曲家。
>1955年、オペラ『赤い陣羽織』で作曲家として出る。同年に作曲した『大阪俗謡による幻想曲』がベルリン・フィルハーモニー管弦楽団で演奏され、世界に知られるところとなる。1966年に楽団を退団し、その後作曲活動に専念した。また、京都女子大学教授、大阪音楽大学講師を務めた。だが1981年夏に体調を崩して入院、翌1982年4月18日に肝臓がんのため63歳で死去した。
その作風は、故郷大阪の泥臭い雑然さを、幼い時から親しんだわらべ唄、声明、義太夫、祭囃子を加味し、巧みなオーケストレーションで表現したものであり、その作風からしばしば「東洋のバルトーク」と称されている(他にも、「浪速のバルトーク」「日本のハチャトゥリアン」と呼ばれる場合もある)。作品のスコアの大部分は大阪フィルハーモニー交響楽団内の「大栗文庫」に収められている。
引用元:大栗裕 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%A0%97%E8%A3%95