スカーレット・ヨハンソン『ママの遺したラブソング』『マッチポイント』

009dsxeucF
『ママの遺したラブソング』
『理想の女』
『アイランド』
『マッチポイント』
レイチェル・ワイズ
スカーレット・ヨハンソン(答)
アン・ハサウェイ
クレア・デインズ
49%


監督はウッディ・アレン
ジョナサン・リーズ・マイヤーズ
スカーレット・ヨハンソン
主人公は元プロテニス選手
『マッチポイント』(答)

スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson, 1984年11月22日 – )[1]は、アメリカ合衆国の女優、歌手。身長160cm[2]。左利き。日本で多く見られる「ヨハンソン」という表記は父方の苗字のルーツであるデンマーク系の読み方である。他の表記としては「ジョハンソン」、「ヨハンスン」などがある。アメリカでは[dʒoʊˈhænsən]“ヂョウハンサン”、イギリスでは[joˈhænsən]“ヨハンサン”と読まれることが多い[3]。
>主な作品
『ゴーストワールド』
『真珠の耳飾りの少女』
『ロスト・イン・トランスレーション』
『マッチポイント』
『アベンジャーズ』シリーズ
『her/世界でひとつの彼女』
>2004年公開の『ママの遺したラヴソング』で再びゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)の候補となった。
2005年には『アイランド』で初のサマーシーズンの大作映画でユアン・マクレガーと共に主演を務めるが、作品は興行的に奮わず失敗作となり、フィルムメーカーから失敗の責任を押し付けられてしまった[5]。一方、同年公開の低予算で作られたウディ・アレン監督作の『マッチポイント』ではゴールデングローブ賞 助演女優賞の候補となった。
引用元:スカーレット・ヨハンソン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3

さらに、「マッチポイント」(05)でウッディ・アレン監督の新たなミューズとして株を上げ、以降、アレン監督とは「タロットカード殺人事件」(06)、「それでも恋するバルセロナ」(08)でもタッグを組む。その後は、マーベル・スタジオズの大ヒット作「アベンジャーズ」(12)やその関連作でも活躍し、アクション女優としてもスター性を発揮。スパイク・ジョーンズ監督作「her 世界でひとつの彼女」(13)では人工知能サマンサ役で声だけの出演ながら、第8回ローマ国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した。私生活では、俳優のライアン・レイノルズと08年に結婚したが2年ほどで離婚。12年、仏ジャーナリストのロメイン・ドーリアックと婚約し、翌13年に第1子をもうけた。
引用元:スカーレット・ヨハンソン – 映画.com http://eiga.com/person/42155/