「SOUL’d OUT」雑誌のメンバー募集広告から 2MC+1Trackmaster

175gRlXsfg
2003年にメジャーデビュー
2MC+1Trackmasterのユニット
雑誌のメンバー募集広告で出会う
『To All Tha Dreamers』
BENNIE K
SOUL’d OUT(答)
m-flo
KICK THE CAN CREW
55%


2001年にメジャーデビュー
2MC+1DJのヒップホップユニット
KING OF STAGE
宇多丸、Mummy-D、DJ JIN
RHYMESTER(答)


2001年にメジャーデビュー
3MC+1DJのヒップホップユニット
キャラ立ち3本マイク
クリスマス・イブRap
KICK THE CAN CREW(答)


2001年にメジャーデビュー
4MC+1DJのヒップホップユニット
ILMARTI、SUらが所属
『楽園ベイベー』『JOINT』
RIP SLYME(答)


2002年にメジャーデビュー
4MC+1DJのヒップホップユニット
中日ドラゴンズと関わりが深い
ココロオドル
nobodyknows+(答)

SOUL’d OUT (ソウルド アウト)は、日本の2MC+Trackmasterのスリーピース音楽ユニット。所属事務所はARTIMAGE、所属レコード会社はエスエムイーレコーズ。通称S.O(エス・オー)。
ブラックミュージック、ダンスクラシック、1980年代の洋楽ポップスなどの要素を取り入れた、多彩な音楽性を持つ。
メンバー、Shinnosukeの私的な理由により2014年7月に行われたライヴをもって解散となった。
>Diggy-MO’とBro.Hiの出会いは雑誌のメンバー募集広告であり、その後自分のトラックに載せるボーカリストを探していたShinnosukeと出会い、1999年SOUL’d OUTを結成した。
引用元:SOUL’d OUT – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/SOUL%27d_OUT

BENNIE K(ベニー ケー)は、シンガーのYUKIとラッパーのCICOの2人からなるユニット。
>ユニット結成のきっかけ
1999年の夏、YUKIのホームステイ先が、ロサンゼルスのCICOの伯母の家で、それが二人の出会いとなった。意気投合したが、帰国後は別々に音楽活動を進めた。その後、クリスマスのイベントでユニットを組んだことがきっかけで、以後一緒に音楽活動に打ち込むこととなった。
ユニット名の由来
グループ名のBENNIE Kとは、弁慶(BEN-K)に由来したものである。
クリスマスイベント後の正月に、京都の伏見稲荷で今後の活躍を二人で祈願。その帰り道、五条大橋の上で弁慶と牛若丸が闘ったことを思い出し、自分達も「年の差があるけれど、共にトップを目指していこう」と、ユニット名に「弁慶と牛若丸」を当初考えた。さらに、YUKIがギターのレッスンで最初に習った曲がベン・E・キングの「スタンド・バイ・ミー」で、その曲はCICOと初めて一緒に歌った曲でもあり、これらの事情が組み合わさって、BENNIE Kという名称が誕生した。
彼女らにとって、弁慶は「力」の象徴であり、女性ユニットでありながら力強い女性、力強いアーティストとして音楽表現を進めていくことを誓う意味がある。
引用元:BENNIE K – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/BENNIE_K

RHYMESTER(ライムスター)は、日本のヒップホップグループ。1989年に結成。
>1989年、「早稲田大学ソウルミュージック研究会ギャラクシー」にて、当時2年生であった佐々木士郎(現・宇多丸)と新入生として入部してきた坂間大介(現・Mummy-D)がRHYMESTERを結成。
1993年、アルバム『俺に言わせりゃ』でデビュー。同アルバムは評論家から酷評され、本人達も納得のいく出来ではなかったと後に語っている。同年EAST ENDやMELLOW YELLOWらと共にヒップホップコミュニティFunky Grammar(FG CREW)を結成。KICK THE CAN CREWやRIP SLYMEもFG CREWに所属している。
引用元:RHYMESTER – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/RHYMESTER

KICK THE CAN CREW(キック・ザ・カン・クルー)は、日本のヒップホップグループ。所属レコード会社はワーナーミュージック・ジャパン(インディーズ、及びLP版はBURGER INN RECORDSでリリース)。通称「キック」、雑誌等では頭文字をとって「KTCC」とも表記される。グループ名を直訳すると「缶を蹴る奴ら」。その由来は、それぞれ活動していた3人が初めてコラボレートした楽曲「カンケリ」から来ている。RHYMESTER等が在籍するコミュニティFUNKY GRAMMAR UNITや神輿ロッカーズの一員でもある。
引用元:KICK THE CAN CREW – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/KICK_THE_CAN_CREW

m-flo(エム-フロウ)は、MCのVERBALとDJの☆Takuで構成される、日本の音楽グループ、プロデュースユニット。
エージェントはARTIMAGE。rhythm zoneから、これまでに6枚のオリジナルアルバム、5枚のリミックスアルバム、3枚のベスト・アルバム、6枚の企画アルバムを発売している。
引用元:m-flo – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/M-flo

nobodyknows+(ノーバディノゥズ)は、1999年に形成されたヒップホップグループである。2002年にメジャーデビュー。
>2007年3月まで、5MCに1DJという比較的珍しい形式をとっていた。現在は4MCに1DJの形式である。
2000年、DJ MITSUが主宰するレーベル『$TAX Records』より、”nobodyknows”、2001年に”nobodyknows 2″を発表。当初のメンバーはg-ton、Crystal Boy、DJ MITSU。また同レーベルはシーモネーター(後のSEAMO) & DJ Taki-Shitを始めとする、様々な名古屋在住のアーティストの作品を次々と全国流通させ、それまで東京中心であったHipHopカルチャーへのカウンター的レーベルとして高く評価されている。
引用元:nobodyknows+ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Nobodyknows%2B