「スタニスワフ・レム」ポーランドのSF作家『惑星ソラリス』原作

103DnFLmxY
映画『惑星ソラリス』の原作
『ソラリスの陽のもとに』を
書いたポーランドの作家は?
フワムニタスス・レ
スタニスワフ・レム(答)
Stanisław Lem
43%

EBdWxXG
著者 スタニスワフ・レム
翻訳 沼野 充義
ISBN 9784150120009
創立70周年記念作品 
惑星ソラリス――この静謐なる星は意思を持った海に表面を覆われていた。惑星の謎の解明のため、ステーションに派遣された心理学者ケルヴィンは変わり果てた研究員たちを目にする。彼らにいったい何が? ケルヴィンもまたソラリスの海がもたらす現象に囚われていく……。人間以外の理性との接触は可能か?――知の巨人が世界に問いかけたSF史上に残る名作。レム研究の第一人者によるポーランド語原典からの完全翻訳版
引用元:ソラリス | 種類,ハヤカワ文庫SF | ハヤカワ・オンライン http://www.hayakawa-online.co.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=000000012658&search=%A5%B9%A5%BF%A5%CB%A5%B9%A5%EF%A5%D5%A1%A6%A5%EC%A5%E0&sort=

スタニスワフ・レム (Stanisław Lem [staˈɲiswaf ˈlɛm] ( 聞く), 1921年9月12日 – 2006年3月27日)は、ポーランドの小説家、SF作家、思想家。ポーランドSFの第一人者であるとともに、20世紀SF最高の作家の一人とされる。また、著書は41の異なる言語に翻訳され、2700万部が販売されており、世界で最も広く読まれているSF作家である[1]。代表作に、2度映画化もされた『ソラリスの陽のもとに』など。
日本での翻訳初期にはロシア語版からの重訳での出版が多かったためか、ロシア語読みでスタニスラフ・レムと紹介されることが多かった(斜線(クレスカ)の付いた ł はポーランド語では L ではなく w の発音だが、キリル文字圏ではЛになるため)。
引用元:スタニスワフ・レム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%8B%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%A0

『ソラリスの陽のもとに』(ソラリスのひのもとに、原題:Solaris)は、ポーランドのSF作家スタニスワフ・レムが1961年に発表したSF小説。最初の日本語訳(ロシア語版からの重訳)は、1964年に早川書房『S-Fマガジン』に掲載され、1965年にハヤカワ・SF・シリーズで刊行された。2004年にポーランド語からの直訳が、『ソラリス』の題名で国書刊行会より刊行された。
『惑星ソラリス』として1972年にソ連で、『ソラリス』として2002年にアメリカで、2度映画化された。
引用元:ソラリスの陽のもとに – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%AE%E9%99%BD%E3%81%AE%E3%82%82%E3%81%A8%E3%81%AB
引用元:ソラリスの陽のもとに – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%AE%E9%99%BD%E3%81%AE%E3%82%82%E3%81%A8%E3%81%AB