ポーレット・「ゴダード」チャップリンの公私にわたるパートナー 「こうのとらいち」高野虎市 チャップリンの元秘書

126jjuEYbP
チャップリンの3番めの妻で
『モダン・タイムス』『独裁者』
などの映画に出演したのは
ポーレット・◯◯◯◯?
マヤナルー
ダゴンドコ
ゴダード(答)
ポーレット・ゴダード
43%

102GTxYuyS
チャールズ・チャップリンの
秘書を務めていた日本人です
高野虎市
こうのとらいち(答)
37%

ポーレット・ゴダード(Paulette Goddard, 本名: Pauline Marion Levy, 1910年6月3日 – 1990年4月23日)は、アメリカ合衆国の女優。
>1932年にチャールズ・チャップリンと出会い、公私共にパートナーとなり(後述の経緯により事実婚とされる)、『モダン・タイムス』や『独裁者』に出演。1936年3月には、そのチャップリンと共に日本を訪れている。また、ジャネット・ゲイナー主演の『心の青春』やボブ・ホープ主演の『猫とカナリヤ』などチャップリン作品以外でも活躍した。1942年にチャップリンと別れ、1944年には俳優のバージェス・メレディスと再婚。前年の『So Proudly We Hail』でアカデミー助演女優賞にノミネートされている。
引用元:ポーレット・ゴダード – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%89

『モダン・タイムス』(Modern Times)は、1936年のアメリカ映画。チャーリー・チャップリンが監督・製作・脚本・作曲を担当した喜劇映画で、彼の代表作のひとつである。モノクロ、サウンド版。
>資本主義社会や機械文明を痛烈に風刺した作品で、労働者の個人の尊厳が失われ、機械の一部分のようになっている世の中を笑いで表現している。自動給食マシーンの実験台にされるシーンや、チャップリンが歯車に巻き込まれるシーン、ラストのチャップリンとヒロインが手をつないで道を歩いてゆくシーンなどが有名である。
引用元:モダン・タイムス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%B9

高野 虎市(こうの とらいち[1]1885年 – 1971年)は、喜劇王チャールズ・チャップリンの秘書・マネージャーとして有名な人物。広島県安佐郡八木村(現・広島市安佐南区八木 )出身。
>当初は運転手としての雇用だったが、後にチャップリン邸の秘書となる。チャップリンは高野の仕事に対する一途な姿勢に感銘をうけ、一時期家の使用人全てを日本人にしたほどである。また、チャップリンが日本贔屓であるのも彼に由るところが大きい。高野に最初の子息(長男)が誕生した際には、チャップリンは自らのミドルネーム(スペンサー)をその名前として与えている。1932年にチャップリンが訪日した際にも同行。このとき、五・一五事件の前夜に皇居付近を自動車で走行中、チャップリンに「車を降りて皇居(当時は宮城)の方角に向かって会釈してほしい」と依頼した。これはチャップリンに対する不穏な動き[2]を察知し、印象をよくするためにおこなったものであったが、チャップリンは従ったもののその真意を測りかねていたという。
1934年までチャップリンの元で秘書を務めた。チャップリンの当時の(内縁の?)妻ポーレット・ゴダードの浪費癖を指摘したところ、ポーレットがこれに激怒。自分を取るか、ポーレットを取るかとチャップリンに迫った高野は自ら辞任した。ポーレットが日本人に差別意識を持っていたとか、高野の解雇を声高にチャップリンに訴え、それに押し切られた彼によって解雇されたという事実は無い。その後チャップリンは高野に対して再度秘書として戻ってくるようアプローチを試みたが、高野が秘書からの引退を考えていたこともあり成功しなかった。
引用元:高野虎市 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%87%8E%E8%99%8E%E5%B8%82