「スターダストプロモーション」所属 山田孝之 内野聖陽 柳楽優弥 窪田正孝

345EJtxVXS
山田孝之 やまだたかゆき
内野聖陽 うちのせいよう
柳楽優弥 やぎらゆうや
窪田正孝 くぼたまさたか
スターダストプロモーション(答)
融合事務所
ケイダッシュ
アクシヴ

株式会社スターダストプロモーション (Stardust Promotion) は、東京都渋谷区に本社を置く、日本の芸能事務所である。
>所属タレントの多くは基本的に俳優としてのみ活動しており、バラエティ番組への出演など、いわゆるタレント活動を並行して行っている所属者は、野々村真をはじめ山口もえ、梨花、SHELLYなど少数である。そのため俳優としての仕事が少ない一部のタレントは「スターダストには『スター組』と『ダスト組』があって、自分は『ダスト組』」などとネタにすることがあるが[2][3]、そのような区別は実際には行われていない。
引用元:スターダストプロモーション – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%80%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

山田 孝之(やまだ たかゆき、1983年10月20日 – )は、日本の俳優。鹿児島県出身[2]。スターダストプロモーション所属[2]。
>山田 孝之(やまだ たかゆき、1983年10月20日 – )は、日本の俳優。鹿児島県出身[2]。スターダストプロモーション所属[2]。
引用元:山田孝之 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E5%AD%9D%E4%B9%8B

柳楽 優弥(やぎら ゆうや、1990年3月26日 – )は、日本の俳優。東京都東大和市出身。スターダストプロモーション所属。
>その主役を演じた映画『誰も知らない』が2004年、第57回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、当時14歳で史上最年少で男優賞を受賞した。柳楽は学校の定期試験により先に帰国していたため、授賞式は監督の是枝が代理で出席している。このニュースを機に一躍有名になり大いに話題を呼んだ。また、同年8月25日に「文化関係者文部科学大臣表彰」を授与され、同10月5日の『TIME』誌アジア版では「2004 Asia’s Heroes」に選出された。
>同年11月、井上凛の執筆協力により原案小説『止まない雨』を発表[2]。
引用元:柳楽優弥 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E6%A5%BD%E5%84%AA%E5%BC%A5

内野 聖陽(うちの せいよう[3]、1968年9月16日 – )は、日本の俳優。神奈川県横浜市港北区出身。身長177cm、血液型AB型[1]。本名読みは「うちの まさあき」で、2013年7月までは芸名としても使っていた。
元妻は女優の一路真輝。
>2013年7月、生誕45周年を機に芸名の読み方を本名の「うちの まさあき」から「うちの せいよう」にすることを発表した[3]。理由は「『まさあき』と読めない人が多かったから」だという[7]。
2013年7月、生誕45周年を機に芸名の読み方を本名の「うちの まさあき」から「うちの せいよう」にすることを発表した[3]。理由は「『まさあき』と読めない人が多かったから」だという[7]。
引用元:内野聖陽 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E9%87%8E%E8%81%96%E9%99%BD

窪田 正孝(くぼた まさたか、1988年8月6日[1] – )は、日本の俳優である。神奈川県出身[1]。スターダストプロモーション所属。
>2006年4月、フジテレビ系深夜ドラマ『チェケラッチョ!! in TOKYO』で初主演を務め、2012年6月、『平清盛』に平重盛役でNHK大河ドラマにも初出演する。
2014年上半期放送のNHK連続テレビ小説『花子とアン』の出演で知名度が上がる[5]。その後もTBS系ドラマ『Nのために』や『アルジャーノンに花束を』、日本テレビ系ドラマ『デスノート』などへの出演が続き、ORICON STYLEの「2015ブレイク俳優」で上半期[5]および年間を通しても首位を獲得した[6]他、2015年の年末に発表された「Yahoo!検索大賞」でもパーソンカテゴリーの俳優部門を受賞した[7]。
引用元:窪田正孝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AA%AA%E7%94%B0%E6%AD%A3%E5%AD%9D

コメント

  1. 水沢知恵子 より:

    初めまして内野聖陽さん、私は病気と闘いながら生きています。そんな時にテレビで見た臨場が
    今でも忘れる事が、出来ません。ドラマの中で生きる強さそして、人と向き合う強さを教えてくれた
    のが内野聖陽さんでした。私もそんな風に強くなりたいです。病気にも負けそうになりながらくじけそうになるけど、臨場はすごくおもしろかった。一度でいいから話しがして見たい、声が聞きたい
    そう思うようになりました。