『傷だらけの天使』OP ドラム缶風呂 ゴーグル トマト コンビーフ

259pBAsKEn
261MrNjHwj
(画像出題)
ドラム缶、ゴーグル、トマト、コンビーフ
次の画像から連想される
TVドラマは?
『前略おふくろ様』
『傷だらけの天使』(答)
『探偵物語』
『俺たちは天使じゃない』

『傷だらけの天使』(きずだらけのてんし)は、1974年10月5日から1975年3月29日まで、毎週土曜日22:00 – 22:55に日本テレビ系で放送されたテレビドラマ。全26話。
1997年には阪本順治監督により映画化もされた。
>『白い牙』に続く“土曜夜10時の日テレアウトロー路線”[1]第2弾で、2人の若者の怒りと挫折を描いた探偵ドラマ(犯罪ドラマ)。暴力団の抗争から捨て子の親探しまでストーリーはバラエティに富んでおり、後に脚本を担当した市川森一は「13人の脚本家と監督による壮大な実験劇」と表している。
>オープニング映像[編集]
演出は恩地日出夫、 撮影は木村大作。カメラに三脚をつける時間がないほどタイトなスケジュールでの撮影だったという。皮ジャンを着て、ヘッドフォンを付け、水中眼鏡を付けた修が眠りから目を覚まし、冷蔵庫の扉を開き、新聞紙をナプキン代わりに首から下げ、トマト、コンビーフ、ナビスコリッツ、魚肉ソーセージに次々とかぶりつき、口で栓を開けた牛乳で喉に流し込む。当初は最後に牛乳を画面にぶっ掛ける趣向であったが、牛乳噴射のシーンをカットし、その直前の画面をストップモーションにすることで対処された[7]。
引用元:傷だらけの天使 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%82%B7%E3%81%A0%E3%82%89%E3%81%91%E3%81%AE%E5%A4%A9%E4%BD%BF
引用元:傷だらけの天使 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%82%B7%E3%81%A0%E3%82%89%E3%81%91%E3%81%AE%E5%A4%A9%E4%BD%BF

今度はオサムこと萩原健一の熱演に写ります。アキラの死を確認したオサムは、「風呂に入れてやるからな」と言い放ってドラム缶風呂にアキラを入れ、更には、着替えをさせます。最終的には、そのまま、ドラム缶にアキラの遺体を入れて、海外脱出を諦め、アキラの入ったドラム缶をリヤカーでゴミの島に捨ててドラマは完結するのですが、アキラの死のシーンから、ドラマそのものが外国映画のようになってしまっている。

カメラは死を前にして妙に聞き分けがよくなったり、「イヤだイヤだ、アニキ、行かないでくれよ」と這いずり回る水谷豊を延々と追いつづけるし、萩原健一が死んだアキラを発見して愕然とするシーン、ドラム缶風呂に入れるシーン、上着を着せてズボンを履かせるといった一連を丁寧に丁寧に、端折らずに描いているんですね。
引用元:どーか誰にも見つかりませんようにブログ:「傷だらけの天使」の最終回 – livedoor Blog(ブログ) http://blog.livedoor.jp/ussyassya/archives/51914950.html