「ビリー・クリスタル」 米俳優・コメディアン『アナライズ・ミー』『アナライズ・ユー』『ハムレット』『シティ・スリッカーズ』『恋人たちの予感』

065KiYICwV
『アナライズ・ミー』
『ハムレット』
『シティ・スリッカーズ』
『恋人たちの予感』
イーサン・ホーク
サム・ロックウェル
ジェームズ・カーン
ビリー・クリスタル(答)


『マッチスティック・メン』
『チャーリーズ・エンジェル』
『グリーンマイル』
『コンフェッション』
サム・ロックウェル(答)


『トレーニング・デイ』
『大いなる遺産』
『リアリティ・バイツ』
『ガタカ』
イーサン・ホーク(答)


『遠すぎた橋』
『ドッグヴィル』
『ミザリー』
『ゴッドファーザー』
ジェームズ・カーン(答)

ビリー・クリスタル(Billy Crystal、1948年3月14日 – )は、アメリカ合衆国出身の俳優、コメディアン。
主な作品
映画
『恋人たちの予感』
『シティ・スリッカーズ』
『アナライズ・ユー』  
引用元:ビリー・クリスタル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%AB

ノイローゼになったマフィアのボスと強引に彼の主治医にされた精神科医のおかしな関係を描いたコメディ。監督は「クローンズ」のハロルド・ライミス。脚本はTVシリーズ『マーフィー・ブラウン』のピーター・トーラン、新鋭ケネス・ローナガンの原案を、ふたりとライミスが担当。撮影は「ある貴婦人の肖像」スチュアート・ドライバーグ。音楽は「ゲーム」のハワード・ショア。美術は「ワグ・ザ・ドッグ ウワサの真相」のウィン・トーマス。編集は「ラリー・フリント」のクリストファー・セレフセン。出演は「RONIN」のロバート・デ・ニーロ、「ファザーズ・デイ」のビリー・クリスタル、TVシリーズ『フレンズ』のリサ・クードロー、「悪魔のような女」のチャズ・パルミンテリ、「イレイザー」のジョー・ヴィテレリほか。
引用元:アナライズ・ミー : 作品情報 – 映画.com http://eiga.com/movie/42085/

共演は「タイタニック」のケイト・ウィンスレット、「ドラゴンハート」のジュリー・クリスティ、「彼と彼女の第二章」のビリー・クリスタル、「ショート・カッツ」のジャック・レモン、「トゥルーライズ」のチャールトン・ヘストン、「ジャック」のロビン・ウィリアムス、「俺たちは天使だ」のジェラール・ドパルデューなど映画界のスターに加え、「世にも憂鬱なハムレットたち」のリチャード・ブライアーズ、マイケル・マロニー、ニコラス・ファレル、「シャイン」のジョン・ギールグッド、「愛と死の間で」のデレク・ジャコビ、「ロストワールド ジュラシック・パーク」のリチャード・アッテンボロー、「秘密と嘘」のティモシー・スポールほか豪華な顔触れ。
引用元:ハムレット(1997) : 作品情報 – 映画.com http://eiga.com/movie/48083/

ニューヨークに住む3人の中年男チームが、コロラド州でカウボーイ体験ツアーを通して新しい自分を発見していく過程を描く人間ドラマ。監督は「トレマーズ」のロン・アンダーウッドで、これが第2作。製作は「敵、ある愛の物語」のアービー・スミス、エグゼクティヴ・プロデューサーは主演も兼ねるビリー・クリスタル、脚本は「バックマン家の人々」のコンビ、ローウェル・ガンツとババルー・マンデル、撮影は「ダンス・ウィズ・ウルブズ」のディーン・セムラー、音楽は「ミザリー」のマーク・シャイマンが担当。なお、老カウボーイを演じるジャック・パランスが、本年度アカデミー助演男優賞を受賞。
引用元:シティ・スリッカーズ : 作品情報 – 映画.com http://eiga.com/movie/45250/

ある男女の11年にわたる愛と友情の軌跡を描く。製作・監督は「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナー、共同製作はアンドリュー・シャインマン、脚本はノーラ・エフロン、撮影はバリー・ソネンフェルド、音楽はハリー・コニツク・ジュニアが担当。出演はビリー・クリスタル、メグ・ライアンなど。
引用元:恋人たちの予感のレビュー・感想・評価 – 映画.com http://eiga.com/movie/44353/review/