『コシ・ファン・トゥッテ』モーツァルトのオペラ 第「5」番『トルコ風』

104gfBDZEk
次の文字列を順に選んで
モーツァルトのオペラの
題名にしなさい
コシ
ファン
トゥッテ
『コシ・ファン・トゥッテ』

IMG_0798fLpRdwsqRjXq
次の文字列を順に選んで
モーツァルトの作品の
タイトルにしなさい
アイネ
クライネ
ナハト
ムジーク
『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』

CIMG0660
モーツァルトのバイオリン協奏曲
で、『トルコ風』という通称が
あるのは第○番?
○を答えなさい
5(答)

CIMG3845
次のうち、モーツァルト作曲の
オペラ『フィガロの結婚』の
登場人物を1つ選びなさい
ロジーナ(答)
カヴァラドッシ 『トスカ』プッチーニ
ラダメス 『アイーダ』ヴェルディ
アルマヴィーヴァ伯爵(答)
レオノーレ 『フィデリオ』ベートーベン
フィガロ(答)
ピンカートン 『蝶々夫人』プッチーニ
スカルピア 『トスカ』プッチーニ

lMYXney
引用元:あらすじ・相関図:東邦音楽大学オペラ定期公演|東邦音楽大学 https://www.toho-music.ac.jp/opera/story/index.html

『コジ・ファン・トゥッテ』(伊:Così fan tutte)K.588 は、モーツァルトが1790年に作曲したオペラ・ブッファである。正式なタイトルはCosì fan tutte, ossia La scuola degli amanti(女はみなこうしたもの、または恋人たちの学校)。コシ・ファン・トゥッテと表記されることが多いが[1]、イタリア語発音に近い表記は「コジ」である。
『フィガロの結婚』、『ドン・ジョヴァンニ』に引き続いて、ロレンツォ・ダ・ポンテの台本に作曲された。初演は1790年1月26日ウィーンのブルク劇場。初演後まもなく皇帝ヨーゼフ2世が死去したため、10回ほどの上演にとどまった。
物語は姉妹の恋人である二人の男が、それぞれの相手の貞節を試すために互いの相手を口説いたら、二人とも心変わりしてしまった。どちらにも言い分がありそのまま認めあうしかないものだということ。タイトルの原語の意味は「Così このように fan する tutte すべての女性は」。『フィガロの結婚』の第一幕に出て来た台詞で、全てを仕組んだアルフォンソ(登場人物参照)が事態を収拾するために恋人たちに説いて聞かせる台詞でもある。
引用元:コジ・ファン・トゥッテ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%83%E3%83%86

『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』(Eine kleine Nachtmusik)ト長調 K.525は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したセレナードのひとつである。
>ドイツ語でEineは女性形の不定冠詞、kleineは「小さな」の意の形容詞kleinの女性形、Nachtmusikは、Nacht(夜)+Musik(音楽)の合成名詞で、「小さな夜の曲」という意味である。かつて日本語では「小夜曲」と訳されていたが、今ではほとんど使われなくなっている。この題名はモーツァルト自身が自作の目録に書き付けたものである。
引用元:アイネ・クライネ・ナハトムジーク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%8D%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8D%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%83%8F%E3%83%88%E3%83%A0%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%82%AF

ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したと確認されている最後のヴァイオリン協奏曲[1]。
>1775年12月20日にザルツブルクで完成した。『トルコ風』のあだ名を持ち、堂々とした曲想と、当時の流行であるトルコ趣味とを合わせた作品であり、他の4曲と比べ技術的にも内容も充実しているので、現在でも人気が高い。3楽章構成。演奏時間は約30分とモーツァルトのヴァイオリン協奏曲中最長。自筆譜は現在、ワシントンDCのアメリカ議会図書館に所蔵されている。
引用元:ヴァイオリン協奏曲第5番 (モーツァルト) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E5%8D%94%E5%A5%8F%E6%9B%B2%E7%AC%AC5%E7%95%AA_(%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%88)

『フィガロの結婚』(フィガロのけっこん、伊: Le nozze di Figaro、仏: Les noces de Figaro、英: The Marriage of Figaro、独: Die Hochzeit des Figaro)は、フランスの劇作家ボーマルシェが1784年に書いた風刺的な戯曲、ならびに同戯曲を題材にヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが1786年に作曲したオペラ作品(Le Nozze di Figaro, K.492)である。オペラ作品のリブレット(台本)はボーマルシェの戯曲に基づき、イタリア人台本作家ロレンツォ・ダ・ポンテが書いた。本項では主にオペラ作品について扱う。
引用元:フィガロの結婚 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AC%E3%83%AD%E3%81%AE%E7%B5%90%E5%A9%9A

フィガロの結婚
ふぃがろのけっこん
Le Mariage de Figaro

フランスの劇作家ボーマルシェの五幕散文喜劇(1784)。副題「狂おしき1日」。前作『セビーリャの理髪師』の後編。ロジーヌと結ばれたアルマビバ伯爵が夫人の侍女シュザンヌを誘惑しようとするのを知ると、彼女との結婚を許されている伯爵の下僕フィガロは窮地に陥る。伯爵はシュザンヌに「初夜権」を行使しようとするし、フィガロは結婚の約束をしたことのある老女マルスリーヌからその履行を迫られる。夫の浮気を断念させようと願う夫人がシュザンヌに変装し待ち合わせ場所に赴くと、伯爵は計略にまんまとひっかかり、苦労のすえ手に入れたのが奥方とわかる一方、マルスリーヌもフィガロの実母だと判明して、芝居は大団円となる。フィガロの知略のうちに貴族の特権行使に反抗する第三身分の姿をみた観客は熱狂し、この劇は連続68回上演という空前の大当りをとった。モーツァルトがこの戯曲をオペラにしたことは名高い。[市川慎一]
引用元:フィガロの結婚(フィガロのけっこん)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AC%E3%83%AD%E3%81%AE%E7%B5%90%E5%A9%9A-122581