「脱線トリオ」八波むと志 南利明 由利徹 『お昼の演芸』

057IHkJtJX
八波むと志
TV番組『お昼の演芸』
南利明
由利徹
トリオスカイライン
てんぷくトリオ
脱線トリオ(答)
スリーポケッツ


伊東四朗
NHK『お笑いオンステージ』 
戸塚睦夫
三波伸介
てんぷくトリオ(答)


間敬六
海野かつを
谷幹一
渥美清
スリーポケッツ(答)


「ゴメンチャイ・ゴーゴー」
原田健二
小島三児
東八郎
トリオスカイライン(答)

脱線トリオ(だっせんトリオ)は昭和期のお笑いタレント。1956年結成、1961年解散。
>由利徹(ゆり とおる、1921年5月13日 – 1999年5月20日)
宮城県石巻市出身。1999年、肝臓癌のため死去。享年78。
南利明(みなみ としあき、1924年3月14日 – 1995年1月13日)
神奈川県横須賀市出身。1995年、肺癌のため死去。享年70。
八波むと志(はっぱ むとし、1926年12月1日 – 1964年1月9日)
鹿児島県大島郡徳之島町出身。1964年、交通事故で急逝。享年37。
>お昼の演芸(日本テレビ)毎週水曜日の午後0時15分から放送されたお笑い番組。東京・有楽町の読売会館内「よみうりホール」での公開録画。前半は演芸人による演芸で、後半が脱線トリオのコント「たそがれシリーズ」であった。脱線トリオはこの番組で売れに売れたが、既述の通り正式なグループではなかったため八波が抜ける事がしばしばあった。代役として佐山俊二を立てるも、このため由利がボケ役からツッコミに回り、本来の脱線トリオの面白さ(=由利のボケと八波のツッコミの掛け合いの妙)を出す事は出来なかった。
引用元:脱線トリオ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B1%E7%B7%9A%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AA

てんぷくトリオは、1960年代から1970年代にかけて活躍した三人組のお笑いグループ。演芸ブームの一つである「トリオブーム」において中心的存在を担った。
>三波伸介(みなみ しんすけ、1930年6月28日 – 1982年12月8日)
戸塚睦夫(とつか むつお、1931年4月20日 – 1973年5月12日)
伊東四朗(いとう しろう、1937年6月15日 – )
>1972年 – NHK『お笑いオンステージ』の名物コーナー「てんぷく笑劇場」に出演開始。
引用元:てんぷくトリオ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A6%E3%82%93%E3%81%B7%E3%81%8F%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AA

スリーポケッツ(すりーぽけっつ)は、日本のお笑いトリオ。
>メンバー
渥美清
谷幹一
関敬六
海野かつを(渥美脱退後)
>概要[編集]
1959年に、浅草のストリップ小屋「フランス座」時代からの盟友であった渥美・谷・関の3人によって結成されたお笑いトリオである。昭和30年代、脱線トリオと人気を二分した。しかし、笑いの方向性の違いから渥美が脱退。渥美の後には海野が加入したが、その後トリオは発展的に解消された。もっとも、渥美と他のメンバーは解散後も親交が深く、関はその縁で「男はつらいよ」によく出演していた。
引用元:スリーポケッツ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%84

東 八郎(あずま はちろう、本名:飛田 義一(ひだ ぎいち)、1936年5月31日 – 1988年7月6日)は、日本のコメディアン、タレント。昭和時代を代表するコメディアンの一人である。妻との間に3男2女があり、次男にお笑いコンビTake2の東貴博、三男にタレントの東朋宏がいる。
>しかしテレビの台頭と共に浅草の演劇街が衰退してきたため、1964年に小島三児、原田健二と共にトリオ・ザ・スカイラインを結成し、テレビに進出。コントを行い、人気を博した。トリオ・ザ・スカイラインは1971年に解散し、以降は単独で芸能活動を行う。三波伸介とともに、NHK『お笑いオンステージ』にレギュラー出演し、全国区の有名なコメディアンとなった。
引用元:東八郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%85%AB%E9%83%8E