オペラ『伯爵令嬢マリツァ』エメリッヒ・カールマン ストリンドベリ『令嬢ジュリー』『痴人の告白』

160HytCnkX
作曲家エメリッヒ・カールマンの
代表作であるオペラといえば
『伯爵令嬢◯◯◯◯』?
◯を答えなさい
マリツァ(答)
『伯爵令嬢マリツァ』

CIMG0502pShJrvbjOgWv
スウェーデンの作家
ストリンドベリの代表作
である戯曲のタイトルは
『令嬢◯◯◯◯』?
ヌェミンジ
アリューャ
ジュリー(答)
『令嬢ジュリー』

CIMG8323EzSgWjhuPRTL
CIMG8324zHPHE6Rv4x8Q
小説『仮面の告白』を書いた
日本の作家は三島由紀夫ですが

小説『痴人の告白』を書いた
スウェーデンの作家は
◯◯◯◯◯◯◯?
◯を答えなさい
ストリンドベリ(答)


『赤い部屋』
『死の舞踏』
『痴人の告白』
『令嬢ジュリー』
ストリンドベリ(答)

『伯爵令嬢マリツァ』(ドイツ語: Gräfin Mariza)は、エメリッヒ・カールマンが1924年に作曲し、同年2月28日にアン・デア・ウィーン劇場で初演された全3幕のオペレッタ。カールマンのオペレッタ作品の中では『チャールダーシュの女王』についでよく知られる作品であり、しばしば上演される。
引用元:伯爵令嬢マリツァ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%AF%E7%88%B5%E4%BB%A4%E5%AC%A2%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%84%E3%82%A1

伯爵夫人マリツァ あらすじ
ブダペスト郊外のマリツァの領地で財産管理人をしているタシロは、自分がウィーンの没落貴族であるという身分を隠していた。 そこへ、長い間館を留守にしていた伯爵令嬢マリツァが帰ってきた。彼女は、ジュパン男爵と婚約したとのことだったが、ジュパンは財産目当ての男性を退けるための架空の人物。しかし、そこへ存在しないはずのジュパンが現れたので、騒動が持ち上がる。

タシロとマリツァはお互いを意識しあうようになるが、身分の違いもあって進展を見せない。一方、マリツァに想いを寄せていたジュパンは、タシロの妹リーザと相思相愛に。しかし、マリツァはリーザをタシロの恋人と誤解していまい、彼を侮辱。

自尊心を傷つけられたタシロはマリツァのもとを離れることを決心。マリツァはやがて本当の愛に気づく。そこへ裕福な伯母ボツェーナ伯爵夫人が現れ、抵当に入っていたタシロの家族の領地を買い戻した、と告げる。マリツァとタシロ、リーザとジュパンは愛の歓びを歌う。
引用元:オペレッタ「伯爵夫人マリツァ」 ウィーン フォルクスオーパー チケット予約<1月~2月> | ウィーンの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ) http://www.veltra.com/jp/europe/austria/vienna/a/116551

エメリッヒ・カールマン(Emmerich Kálmán、1882年10月24日 – 1953年10月30日)は、ハンガリー出身のオーストリアの作曲家。ハンガリー名はカールマーン・イムレ(Kálmán Imre)であるが、ドイツ風にエメリッヒ・カールマンと名乗り、世界的にこの名で有名である。日本で発売されているCDやDVD、文献などもほとんどこの表記によっている。
>最初の成功したオペレッタ『愉快な騎兵』(Tatárjárás、独語名は Ein Herbstmanöver )は、1908年2月22日にブダペストにおいて初演された。その後ウィーンに移り、『チャールダーシュの女王』(Die Csárdásfürstin)や『伯爵令嬢マリツァ』(Gräfin Mariza)などの作品によって世界的な名声を収めた。
引用元:エメリッヒ・カールマン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%92%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3

ストリンドベリ(Johan August Strindberg)

[1849~1912]スウェーデンの劇作家・小説家。赤裸々な人間像を描く自然主義的な作品を書いた。イプセンとともに近代演劇の先駆者。小説「赤い部屋」「痴人の告白」、戯曲「父」「令嬢ジュリー」「ダマスクスヘ」「死の舞踏」など。
引用元:ストリンドベリ(ストリンドベリ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%AA-84404

●ISBN4-89514-238-8 C0097(品切)
『恋の火遊び/令嬢ジュリー ヨーハン・A・ストリンドベリ戯曲』
Leka med elden/Froeken Julie Johan August Strindberg
J・A・ストリンドベリ 著
内田富夫 訳
四六判並製本
北欧を代表するスウェーデンの作家ヨーハン・A・ストリンドベリは、近代を代表する劇作家であり、また画家、写真家、心霊研究家としても活躍した異才。日本では大正期にブームが起こり、多くの作品が翻訳された。その後、「令嬢ジュリー」は映画化され、日本においても舞台上演されているが、翻訳本はわずかな例外をのぞき、ほとんどが絶版で、読者の目から遠ざけられている状況である。
本書は、長らく読むことすらできなかったストリンドベリの代表作・自然主義演劇の名作「令嬢ジュリー」の原語からの新訳である。喜劇「恋の火遊び」も併録。
引用元:自費出版|中央公論事業出版|恋の火遊び/令嬢ジュリー http://www.chukoji.co.jp/mokuroku/238.html

ストリンドベリ『痴人の告白』(1888)Add Star
読書, 北欧文学
(『講談社 世界文学全集24』所収)
 1877年、ストリンドベリは、元ウランゲル男爵夫人であるシリ・フォン・エッセンと結婚する。一時は作家であることをほとんど断念していたストリンドベリであるが、この結婚によって生活も落ち着き、再び創作活動へと向かう。そして、その二年後の1879年、『赤い部屋』を発表して作家としての地位を築くのである。しかし、結婚生活はたちまち行き詰まる。シリ・フォン・エッセンとの関係が修復不可能になると、ストリンドベリは復讐の気持ちで、彼女との恋愛、結婚生活、そしてその破綻を赤裸々に描いた小説を書く。それが、この『痴人の告白』である。
引用元:ストリンドベリ『痴人の告白』(1888) – 活字中毒者の読書メモ http://d.hatena.ne.jp/robertmacaire/20100305/1267786374