「ランディ・ローズ」元クワイエット・ライオットのギタリスト 飛行機事故で夭逝


039lCyfxHY
元クワイエット・ライオット
元オジー・オズボーン・バンド
アメリカのギタリスト
1982年に25歳で死去
デイヴ・ムステイン
フランク・ザッパ
イングヴェイ・マルムスティーン
ランディ・ローズ(答)

CIMG3812
1975年にランディ・ローズを
中心として結成された
アメリカのロックバンドは
クワイエット・◯◯◯◯◯?
ブラテクト
リリオッド
タイエキー
ライオット(答)
「クワイエット・ライオット」

タイピング
1982年に飛行機事故で亡くなったオジー・オズボーン・バンドのギタリストはランディ・◯◯◯?
ローズ(答)

ランディ・ローズ(Randy Rhoads、本名ランドール・ウィリアム・ローズ、男性、1956年12月6日 – 1982年3月19日)は、ギタリスト。クワイエット・ライオット及びオジー・オズボーンのバンドの初代ギタリストであったことで知られる。1982年、オジー・オズボーンの全米ツアー(Diary of a madman tour)中に遊覧飛行で乗った軽飛行機の墜落事故により、25歳で生涯を終えた。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第85位、2011年の改訂版では第36位。
>クワイエット・ライオット時代[編集]
1975年、ランディを中心にクワイエット・ライオットが結成される。母ドロレスの回想によれば、オーディション参加したケヴィン・ダブロウはランディに自分の部屋でオーディションをするから部屋に来てくれと言い、オーディションを開始。ケヴィンはバンドに熱心だったようであり、ランディに「もし俺に気に入らないところがあれば言ってくれ!」と猛アピールしていたとのことである。
>オジー・オズボーンバンド加入まで[編集]
1979年、ランディはルディから「ブラック・サバスを脱退したオジー・オズボーンが新しいギタリストを探している」と教えられる。当時のランディは朝に練習、昼から夜まで講師としての活動、週2~3日はバンドの練習、週末にはライブと多忙であり、ランディ自身も「僕はクワイエット・ライオットをやっているから興味がない」と断っていたが、オジーの友人であるダナ・ストラム(スローター)がオジーに「オジー、君はイギリスに帰る前に必ずランディのプレイを観るべきだよ」と勧めたこと、母ドロレスの「オジーは長い間、ミュージック・ビジネスにいるんだし、そう言う人に会う事も必要よ」と告げたこともあり、オジー・オズボーンバンドのオーディションを受けに行く事を決意した。
ランディは夜遅く、オジーの泊まるホテルに行き、ギターのチューニングを開始すると同時にオジーは「You got a job!」(さあ、君に決まりだ!)と大きな声で叫び、バンド加入が即決した。
>全てが順風満帆に進むと思われた矢先の翌年1982年3月19日、ランディを乗せた小型飛行機がフロリダ州リースバーグにて墜落し、操縦士とシャロン・オズボーンの古い友人であるメイクアップ・アーティストを含む3人がオジーの目前で即死。若きギターヒーローが才能を開花させようとしていた矢先の出来事であった。享年25歳。
ランディの死はオジーに大きなショックを与え、ブラック・サバス時代以上に酒や薬に溺れ、手が付けられない状態であったと言う。後にオジーは一度引退するが、その時にランディ宛に手紙を書いている。また音楽評論家の伊藤政則の回想によれば、当時のオジーはランディの名前を出す度に大声で泣き出し、インタビューにならなかったと振り返っている[3]。
引用元:ランディ・ローズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA

クワイエット・ライオット (Quiet Riot)は、アメリカのハードロックバンドである。1982年、1983年に大きな成功を収め1980年代のハードロック/ヘヴィメタルシーンにおいて活躍した。
>1973年、ランディ・ローズにより結成。結成時のバンド名は、March 1。オリジナル・ラインナップはケヴィン・ダブロウ(ボーカル)、ケリー・ガルニ(ベース)、ドリュー・フォーサイス(ドラムス)であった。その後、Little Womenというバンド名に変更するが、その後すぐにQuiet Riotに変更された。なお、Quiet Riotというバンド名はジョン・バースの1960年代の小説「やぎ少年ジャイルズ」とザ・クラッシュの曲名である”White Riot”から来ているといわれている。しかし、1979年に行われたあるラジオのインタビューでは、フォーサイスがイギリスのバンドStatus Quoのリチャード・パーフィットと会話したときに彼が言った”Quite Right”をヒントにしたとしている。
引用元:クワイエット・ライオット – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%88

オジー・オズボーン (John Michael “Ozzy” Osbourne, 1948年12月3日 [1]- ) は、イングランド・バーミンガム出身のヘヴィメタルミュージシャン。本名ジョン・マイケル・オズボーン(John Michael Osbourne)。ブラック・サバスの悪魔的イメージの源流(の一つ)ともなった、のっぺりとした金属的なハイトーンと不気味に響く低音を使い分けての独特の歌唱、危うさとユーモアを兼ね備えたパフォーマンスは多くのファンに支持されており、カリスマ的な存在になっている。
デビュー当初からの愛称である「オジー(Ozzy)」の他、海外では「プリンス・オブ・ダークネス(Prince of Darkness)」「マッドマン(Madman)」、日本では「メタルの帝王」など数々の異名で知られる。
引用元:オジー・オズボーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%82%BA%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%B3

デイヴ・ムステイン (Dave Scott Mustaine, 1961年9月13日 – ) は、アメリカのギタリスト、ヴォーカリスト、作詞家、作曲家、ミュージシャン。スラッシュメタルバンド・メガデスの中心人物として知られる。また、デビュー前のメタリカでギタリストを務めていたが、メンバー間の衝突により解雇された過去がある。
引用元:デイヴ・ムステイン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%B3

フランク・ヴィンセント・ザッパ(Frank Vincent Zappa, 1940年12月21日 – 1993年12月4日)は、アメリカ合衆国出身の作曲家、ミュージシャン(シンガーソングライター・ギタリスト)。
フランク・ザッパは生涯を通じて、アメリカ政府・キリスト教右派(キリスト教原理主義者)・検閲・音楽産業などの批判をとおして、アメリカという国家の問題点をきびしく指摘し続けたミュージシャンである。52年の人生で非常に旺盛な活動を展開し、多彩なバンド形態でツアーもこなしながら、60枚以上のアルバムを発表した。またその複雑かつポップな音楽性の作曲家としてのみならず、独特なフレージングやスケールを多用するスタイルの”ギタリスト”としても評価を受けている。
引用元:フランク・ザッパ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%83%E3%83%91

イングヴェイ・マルムスティーン(Yngwie Malmsteen、本名:Lars Johan Yngve Lannerbäck、1963年6月30日 – )は、スウェーデン・ストックホルム出身のミュージシャン、ギタリスト、作曲家、マルチプレイヤー。「インギー」の愛称で親しまれている(ただ、本人はこの愛称をあまり好く思っていないとされる)。ロック・ギターにクラシック音楽の要素を盛り込み、驚異的な速弾きでギター奏法に大革命をもたらした。日本でのみマイケル・シェンカーの「神」に対して「王者」と呼ばれる[3]。
引用元:イングヴェイ・マルムスティーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3