河崎実監督『いかレスラー』『コアラ課長』『かにゴールキーパー』 マーク・ロック『えびボクサー』

083OmGbIka
134NbwoDCd
次のうち、映画監督の河崎実が
手がけたコメディ映画を
全て選びなさい
『かにゴールキーパー』(答)
『コアラ課長』(答)
『いかレスラー』(答)
『えびボクサー』 マーク・ロック
17%

CIMG4417
次のうち、加工食品の材料として
使用した場合は、アレルギー物質
として必ず表示せねばならない
ものを全て選びなさい
小麦(答)
卵(答)
大豆
乳(答)
そば(答)
落花生(答)
えび(答)
かに(答)

ゴロ アレルギーなら「そこに変えたら」
そば、小麦、乳、かに、えび、卵、落花生

河崎 実(かわさき みのる、1958年8月15日 – )は、日本の映画監督、ライター、ラジオDJである。東京都出身。南郷勇一の名で自らの作品に出演している。
>ふぐ料理屋の息子として生まれ[1]、『ウルトラマン』など特撮ものや、加山雄三の若大将シリーズに親しんで育つ。明治大学農学部に在学中、映画研究会CINEMAZOにおいて1977年から8ミリ映画を自主製作。『フウト』『√ウルトラセブン~放浪の果てに』『イキナリ若大将』などを製作して高い評価を得る。卒業後、CMプロデューサーを経て1984年にフリーとなりテレビ・映画・オリジナルビデオを監督。ソフトオンデマンドの大ヒット「全裸」シリーズの開拓者。主な作品に『地球防衛少女イコちゃん』『電エース』『いかレスラー』『コアラ課長』『日本以外全部沈没』『兜王ビートル』『ヅラ刑事』『かにゴールキーパー』『ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発』など。その単なるパロディという概念を超越した過激な演出方法とキャスティングの妙に、バカ映画の巨匠として一部の熱狂的なファンを持つ。また、『いかレスラー』以降、2010年4月1日にトルネード・フィルムが倒産するまでの間は叶井俊太郎プロデューサーとのコンビ作が多かった。
引用元:河崎実 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E5%B4%8E%E5%AE%9F

『えびボクサー』(Crust)は、2002年に制作されたイギリス映画である。日本では2003年にシネセゾン渋谷などのミニシアターで上映された。
邦題は『えびボクサー』で公式ポスターにもエビが描かれているが、実際に登場するのはシャコである。
>本作を配給した「アルバトロス・フィルム」に所属していた、叶井俊太郎の企画・製作により、河崎実監督は、『いかレスラー』『かにゴールキーパー』『コアラ課長』等の動物を主人公にした二番煎じのコメディー映画を次々と生み出している。
ただし元ネタである本作には、コミカルなシーンはあまりない。「エビ」はあくまで捕獲された野生生物として扱われ、キャラクターや「人格」の描写は見られずセリフもない。
引用元:えびボクサー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%88%E3%81%B3%E3%83%9C%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%BC

人によっては、食べるとアレルギー症状をおこす可能性のある食品があります。アレルギーの原因となることが知られている食品が使われたかどうかがわかるように原材料の表示がしてありますので、「食物アレルギー」を持っている方は、原因となる食品を避けるため、次のことに注意して原材料の表示を見ましょう。

対象となる食品

アレルギーの原因となることが知られている食品のうち次の7品目は、患者数の多さや症状の重さから、原材料として使った場合だけでなく、原材料を作るときに使った場合も、これらが使われたことがわかるよう必ず表示してあります。
えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生
引用元:アレルギー表示:農林水産省 http://www.maff.go.jp/j/fs/f_label/f_processed/allergy.html

アレルギー表示とは[PDF:481KB]
QlYJRig
引用元:アレルギー表示に関する情報 – 消費者庁 http://www.caa.go.jp/foods/index8.html