『スパイキャッチャーJ3』東映の初ドラマ 川津祐介主演

083QvetPSZ
東映が初めて制作したドラマで
ある、川津祐介主演のドラマは
『スパイキャッチャー◯◯』?
◯を答えなさい
J3(答)
『スパイキャッチャーJ3』

『スパイキャッチャーJ3』(スパイキャッチャージェイスリー) は、1965年10月7日から1966年3月31日にかけて、NET系で放送されたスパイアクション特撮テレビドラマ。東映東京制作所の第一回作品。全26話。モノクロ作品。
>TULIP (「チューリップ」、The Undercover Line of International Police) はニューヨークに本部を置き、世界各地に支部を持つ腕利きの対謀略組織である。そこで働くエージェントは、スパイキャッチャーと呼ばれている。国際謀略叛乱グループ TIGER (「タイガー」、The International Group of Esplionage and Revolt) と対決するTULIP日本支部のスパイキャッチャー、コードネームJ3こと壇俊介の物語である。
引用元:スパイキャッチャーJ3 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BCJ3

川津 祐介(かわづ ゆうすけ、1935年5月12日 – )は、日本の俳優である。
>慶應義塾大学医学部(その後文転し経済学部を卒業)[要出典]在学中の1958年(昭和33年)、映画監督木下惠介の勧めもあって同年『この天の虹』(松竹)でスクリーンデビュー。以後青春スターとして人気を誇る。松竹退社後はフリーとなり、松竹時代の青春路線とは異なる敵役や癖のある準主役など、様々な役柄を演じた。
1965年(昭和40年)からはテレビドラマ『東京警備指令 ザ・ガードマン』の荒木隊員役や『スパイキャッチャーJ3』の壇俊介役などでアクションスターとしても人気を集める。
引用元:川津祐介 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E6%B4%A5%E7%A5%90%E4%BB%8B