「ディアギレフ」 バレエ・リュスを創設したロシアのプロデューサー

167FoMwknC
劇団「バレエ・リュス」を
主宰したロシア人です
ディアギレフ(答)
セルゲイ・ディアギレフ
Серге́й Дя́гилев

セルゲイ・ディアギレフ(英: Sergei Diaghilev, 仏: Serge de Diaghilev, 露: Серге́й Па́влович Дя́гилев[1], 1872年3月31日(ユリウス暦3月19日) – 1929年8月19日)は、ロシアの芸術プロデューサー。
美術雑誌『芸術世界』の発起人や、バレエ・リュス(ロシア・バレエ団)の創設者として名高く、数多くのバレエダンサーや振付家を育成するとともに、当時の名だたる作曲家に歴史に残るバレエ音楽の傑作を依嘱した。
>2度のバレエ公演を成功させたディアギレフは、1911年に借り物ではない、常設のバレエ団バレエ・リュス(ロシア・バレエ団)を結成した。バレエ・リュスでのディアギレフは「天才を見つける天才」[31]ぶりを発揮して多くの芸術家を動員し、「総合芸術としてのバレエ」という、これまでになかった芸術スタイルを確立した[32]。
ミハイル・フォーキン、ヴァーツラフ・ニジンスキー、レオニード・マシーン、ブロニスラヴァ・ニジンスカ、ジョージ・バランシンらが独創的な振付けを行い、『火の鳥』以後、『ペトルーシュカ』(1911年)、『春の祭典』(1913年)[33]、『プルチネルラ』(1920年)、『結婚』(1923年)などを作曲したストラヴィンスキーの他、ラヴェル(『ダフニスとクロエ』[34]、1912年)、ドビュッシー(『遊戯』、1913年)、プロコフィエフ[35](『道化師』、1920年、『鋼鉄の歩み』、1925年)、サティ(『パラード』、1917年)、 レスピーギ(『風変わりな店』、1918年)、 プーランク(『牝鹿』、1923年)など、多くの作曲家がディアギレフの委嘱に応じてバレエ音楽を作曲し、ピカソ、マティス、ローランサン、ミロなどの画家が舞台美術を手がけた。また、ミシア・セールをはじめとするパリ社交界のパトロンたちや、ココ・シャネルはバレエ・リュスの活動を金銭的に援助した。
引用元:セルゲイ・ディアギレフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%82%AE%E3%83%AC%E3%83%95