「シュリークス」イルカが参加したフォークグループ

245pylYhJb
かつて歌手のイルカが参加
していたフォークグループ
シュリークス(答)
SHRIEKS

CIMG4953
『帰って来たヨッパライ』を
1967年に大ヒットさせたのは
ザ・フォーク・◯◯◯◯◯◯?
◯を答えなさい
クルセダーズ(答)

シュリークスは、日本のフォークソンググループ。1969年結成。
>1969年、早稲田大学フォーク・ソング・クラブのメンバーで結成されたザ・フォーシュリークが解散し、リーダーの神部和夫が明治大学の山田嗣人(山田パンダ)、早稲田の嘉屋泰雄を誘って結成、1969年9月コロムビアレコードから「君よ!人生は」でデビューした。
>後に保坂としえ(後のイルカ)が参加し「君の生まれた朝」をリリースしたが、所太郎と山田嗣人(後に山田パンダとしてかぐや姫に参加)が脱退したため、男女二人組となった。
その後2人は結婚、神部としえとなったイルカはソロシンガーとなり、「なごり雪」のヒットをとばした。
引用元:シュリークス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9

シュリークス(SHRIEKS)

1969年、早稲田大学フォーク・ソング・クラブのメンバーで結成され、URCから『リムジン江/フンタリヨン』(有名なフォーク・クルセダーズの『イムジン河』は発売自粛とされたため、当時最も知られていたのはこのバージョンであった)をリリースしたザ・フォーシュリーク?が解散し、リーダーの神部和夫?が明治大学の山田嗣人(山田パンダ)、早稲田大学の嘉屋泰雄?を誘って、シュリークスを結成。1969年9月、コロムビアレコードから「君よ!人生は」でデビューした。

嘉屋泰雄が脱退し、ザ・リガニーズ?の所太郎?が参加。1970年に東芝エキスプレスから「さらば」をリリースした。
1971年、保坂としえ(イルカ)が参加し、「君の生れた朝」をリリースしたが、所太郎と山田嗣人は脱退。その後、伊藤成一がベースで加入したが、最終的に男女のデュオとなった。
そして1972年に二人は結婚し、イルカのソロ・デビューをもってシュリークスは解散となった。
引用元:シュリークス – THE HIMEPEDIA/かぐや姫事典 http://seesaawiki.jp/w/tsukitaro/d/%A5%B7%A5%E5%A5%EA%A1%BC%A5%AF%A5%B9

shriek
【自動】
金切り声を出す、悲鳴を上げる、キャッ[キャー]と叫ぶ
【他動】
~を甲高い声[金切り声]で言う
【名】
甲高い声、金切り声
引用元:shriekの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク http://eow.alc.co.jp/search?q=shriek