「ソルフェージュ」楽譜を読む力を養う基礎訓練

066mRIaTsR
楽譜を正確に読む力などを
養う音楽の基礎教育のこと
ソルフェージュ(答)
solfège

ソルフェージュ(フランス語: solfège)とは西洋音楽の学習において楽譜を読むことを中心とした基礎訓練のことである。類義語にリトミックがあり、どちらも広い意味においては音楽を学ぶ者すべてがその専門にかかわらず修めるべき基礎訓練全般を指すが、リトミックは体の動きと音とを結びつけたリズムを中心とした訓練を指すのに対し、ソルフェージュは楽譜を中心とした音楽理論を実際の音に結びつける訓練を指す。これらの訓練を通じて得られる能力、特に読譜能力はソルフェージュ能力と呼ばれる。
現在、フランスでは、新しいソルフェージュとして、フォルマシオン・ミュジカル(フランス語: formation musicale)が主流になってきており、パリ音楽院をはじめ、多くのコンセルヴァトワールでは、この名称が使われている。
引用元:ソルフェージュ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5

ソルフェージュ

ソルミゼーションや母音を用いて歌唱訓練すること。また,そのための教則本(たとえばイタリアの声楽教師G.コンコーネ〔1801-1861〕によるもの)。さらに,このような訓練を中心とする音楽の基礎教育全般をさし,フランスで始まった。
引用元:ソルフェージュ(ソルフェージュ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5-90471